Charles Ives Singers, eternal calamity, Yoshihiro Kikuchi, Mark Sadgrove | Live

 

Charles Ives Singers, eternal calamity, Yoshihiro Kikuchi, Mark Sadgrove | Live

2018.9.23 sun
at STORE15NOV
Open 18:00 / Start 18:30
1,000yen
 
Charles Ives Singers
eternal calamity
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi
マーク・サッドグローブ | Mark Sadgrove
 
 
Charles Ives Singers (from Australia)
チャールズ・アイヴズ・シンガーズは、美術家として著名なVictor Meertens、Alexis Ensor、David Palliserの3名によって1992年に結成された。彼らは生きることの密やかさに信頼をおいているため、技術の習熟を目的とした練習をせず、また各演奏会で何をするかの計画を立てない。また、コンサートで失敗するために万全な準備をし、時折、実際に失敗へ近づく。発される音同士を構築することの訓練をしないでおくこと、それを彼らは神聖な祈りとその恩恵とみなす。彼らは、そのアマチュアリズムを自らに宿る特別な資質として、またそれに伴う直観を非論理的な同調として評価・実践する。
(The The Charles Ives Singers bandcamp より引用 訳:菊地良博)
 
———
 
eternal calamity
澁谷浩次 (yumbo) による最新ソロ・プロジェクト。参加メンバーは流動的で、その都度曲のアレンジが変わる。今回のメンバーは澁谷のほか、佐藤ゆか (inochi)、皆木大知 (inochi/yumbo)、相原洋、Mark Sadgrove。
 
———
 
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi
美術家/実験音楽家
ソロではコンピュータによるアブストラクトな電子音響を、コンポーザー Daniel Vujanic との Graves And Orchestra Pits ではドゥーム/ブラックメタルをモチーフにした極度に折衷主義的なポストロックを制作し、その2つを主軸としつつ Bryan Lewis Saunders, Anla Courtis, Vomir/Roro Perrot, Sebastien Borgo など、世界中の先鋭的なアーティストとの共作を行っている。 
美術家としては、現代美術の作家として国内外で個展を開催し、同じく国内外でグループ展・アートフェアへの出品を多数行っている。
 
———
 
マーク・サッドグローブ | Mark Sadgrove
1978年ニュージーランド・オークランド生まれ。2000年代前半、オークランドの“風変わりな”音楽シーンで活動後、2006年日本に拠点を移す。以降は自作楽器でのソロ演奏や、バンド Greymouth、The Mysteries of Love のメンバーとしての活動に注力している。これらのプロジェクトは Quemada、Albert’s Basement、Emerald Cocoon といったレーベルからリリースされている。また自身のレーベル “abd” から7インチレコードや lathe-cut をリリースしている。
 
 
主催・企画 - Mark Sadgrove