MATS GUSTAFSSON と OTOMO YOSHIHIDE によるデュオ・アルバム『Timing』

MATS GUSTAFSSON + OTOMO YOSHIHIDE DUO / Timing (CD)

MATS GUSTAFSSON (マッツ・グスタフソン) と OTOMO YOSHIHIDE (大友良英) によるデュオ・アルバム『Timing』が doubtmusic より。

MATS GUSTAFSSON + OTOMO YOSHIHIDE DUO の『Timing』。分厚いブックレット仕様。初回出荷分300枚のみマッツ・グスタフソン、大友良英、各々のソロトラックを収録したCDR付き。 (以下レーベル解説) いつでも俺は名前のない音楽が聴きたい。それはこういう音楽だ。(湯浅学/ライナーより) 居合術の如き「タイミング」がせめぎ合う最高のデュオ・インプロヴィゼイション!これが、今一番必要な音!!! 吉祥寺GOKサウンドで公開レコーディングされた強力なデュオ、二年後の2020年、やっとCD作品として日の目を見ることになりました! マッツの、音圧最強のバリトンと、フルートにリードを付けた自作楽器「フルートフォン」、そして近年力を入れているエレクトロニクスに、大友のターンテーブル、ギター、バンジョーがきわめて有機的に絡み合う名演! 大友のターンテーブルによる作品も実に久しぶりです。一発録り。エディット、オーバーダブ一切なし。タイトルに込められた「タイミング」(マッツの命名)は、まさにこの音楽を象徴するタイトルです。出来れば大きめのスピーカーで爆音で聴いていただきたい大胆かつ綿密な音楽! 演奏: マッツ・グスタフソン=バリトン・サックス、フルートフォン、ライブ・エレクトロニクス 大友良英=ターンテーブル、ギター、バンジョー ライナーノーツ: 湯浅学、マッツ・グスタフソン、大友良英、沼田順(全て英訳/邦訳付き) Tracklist 1. 429 ( bs + tt ) / 2. 709 ( elec + g ) / 3. 533 ( flutephone + banjo ) / 4. 516 ( bs, flutephone + tt ) / 5. 544 ( bs, elec + tt ) / 6. 531 ( flutephone + banjo ) / 7. 930 ( bs + elec + tt, g ) / 8. 511 (bs, flutephone + tt ) bs = bariton sax, tt = turntable, elec = live-electronics, g = guitar

¥2420-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の傑作デビュー・アルバム『Plage Arriere』が待望の再プレス

ROMEO POIRIER / Plage Arriere (LP)

フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の傑作デビュー・アルバム『Plage Arriere』が待望の再プレス。

ROMEO POIRIER の『Plage Arriere』。フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の長らく入手困難だったデビュー作にして傑作アルバム『Plage Arriere』が待望の再プレスです。Robert Lippok をはじめ多くの人から高い評価を受けたアルバムがようやく再プレスです。元々は2016年にカセットテープでリリースされ、その後2019年に一度ヴァイナル・リリースされています。 3つの島にまたがるギリシャのビーチに触発され作り上げた、星降る夜の深海のようなサウンドスケープを漂わせたアンビエント・コラージュ。トランペット、エコークリック、ハロルドバッド風の閃くピアノ、それらが揺らめくシーグラスのように立体的な音の広がりを得て再構築されています。Jan Jelinek、To Rococo Rot のファンはお聴き逃しなく。 シーフォームグリーンのカラーヴァイナル仕様。こちらも既に再入荷困難となっています。 Tracklist 1. Prioni 03:18 / 2. Apella 05:16 / 3. Atsipades 03:59 / 4. Firiplaka 02:57 / 5. Avlaki 03:18 / 6. Kyra Panagia 04:17 / 7. Alogomandra 03:38 / 8. Sarakiniko 04:51

¥0-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

MORITA VARGAS の2作品目『8』は、魅惑的で奇妙なリアリティを誘発するポリフォニックなサウンドスケープ

MORITA VARGAS / 8 (LP)

ブエノスアイレスを拠点とする MORITA VARGAS の2作品目『8』。魅惑的で奇妙なリアリティを誘発するポリフォニックなサウンドスケープ。

MORITA VARGAS の『8』。ブエノスアイレスを拠点とする実験的なアーティスト兼プロデューサーで、自身の声をリバーブ、ディレイなどで操作し、独自の「言語」で歌う MORITA VARGAS の2作品目となるアルバム『8』。 通りを歩いている時、ブエノスアイレスの電車に乗っている時に録音されたボイスメモのスケッチから本作は始まり、その後、カリンバ、ハーモニカ、キーボード、フルート、タンバリン、チャフチャス、カホンなどさまざまな楽器をビジョンに取り入れ本作は作り上げられました。アンビエント音楽と実験音楽の領域、そしてそれらの狭間の航行を通じて、魅惑的で得体の知れないリアリティを誘発するポリフォニックなサウンドスケープを生み落としています。 Tracklist 1. Bernisa 3' 03'' / 2. Paitice 4' 28'' / 3. XOXOXOXO 3' 14'' / 4. Deysa 3' 46'' / 5. Aguila 2' 12'' / 6. Garganta 3' 32'' / 7. Devonte 1' 56'' / 8. Oly 2' 08'' / 9. I Feel Lost 3' 39'' / 10. Ginseng 2' 07''

¥3390-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

C.R. GILLESPIE がバイノーラル・ビートと振動音響療法を用いたアンビエント・アルバム『Concentration Patterns』

C.R. GILLESPIE / Concentration Patterns (2LP)

C.R. GILLESPIE がバイノーラル・ビートと振動音響療法を組み合わせ作り上げたアンビエント・アルバム『Concentration Patterns』。

C.R. GILLESPIE の『Concentration Patterns』。カナダの音楽家である C.R. GILLESPIE はバンクーバー島で生まれ育ち、その沿岸部での生活により、「波」がもたらすテクスチャーのレイヤーに影響を受け、彼が作り上げるサウンドに反映されているようです。本作も心地よいトーンに焦点を絞り、シンセサイザー、サンプラー、プリペアドギターなどでレイヤーを生成し編み上げられた、75分におよぶ広大なシンセの海です。これは傑作。 Calgary’s arts community のプロジェクト「+15 Soundscape」でのサウンド・インスタレーションとして製作された『Concentration Patterns』は、Pauline Oliveros、Laurie Spiegel そして Steve Roach などが開拓したディープ・リスニングに触発され、バイノーラル・ビートと振動音響療法を組み合わせ、癒しとしてのニューエイジ的概念を取り入れ作り上げられています。 300枚限定180Gヴァイナル仕様。手書きナンバリング入り。 Tracklist 1. 120Hz 21' 09'' / 2. 90Hz 19' 50'' / 3. 60Hz 14' 28'' / 4. 77Hz 19' 50''

¥3860-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

AKIO SUZUKI – AKI ONDA による「documenta 14」、「Flanders Festival in Kortrijk」でのパフォーマンス音源を中心にコレクションされた重要なドキュメント『gi n ga』

AKIO SUZUKI & AKI ONDA (鈴木昭男 & 恩田晃) / gi n ga (CD)

AKIO SUZUKI - AKI ONDA による「documenta 14」、「Flanders Festival in Kortrijk」でのパフォーマンス音源を中心に、過去10年間に渡るコラボレーションからコレクションされた重要なドキュメント『gi n ga』。

鈴木昭男 (AKIO SUZUKI) と 恩田晃 (AKI ONDA) による『gi n ga』。世界的な美術展・音楽祭にたびたび招聘されている鈴木昭男と、NY在住の電子音楽家でありヴィジュアルアーティストでもある恩田晃による本作は、5年に一度開催される世界最大の国際美術展「documenta」の、2017年にドイツのカッセルとギリシャのアテネで開催された「documenta 14」において行われたパフォーマンスと、ベルギーで行われたサウンド・アートとクラシックの音楽祭「Flanders Festival in Kortrijk」でのパフォーマンス音源を中心に、過去10年間に渡るコラボレーションからコレクションされた重要なドキュメント。 鈴木昭男が70年代に自身が作り上げたアナラポスと呼ばれる自作のエコー楽器や、石の楽器、テープレコーダー、木片、釘、ハンマーなどを用いたライブ・パフォーマンスを収録。世代の離れたこの2人が、特定の場所、建築、音響、およびパフォーマンス空間のエネルギーそれぞれに呼応し、奏でた即興の記録。 6面デジパックが厚手のトレーシング・ペーパーに包まれ、ナンバリングされた300枚限定盤。インドネシアのレーベル Hasana Editions より。 6-page digipak with silver foil stamp, packed in hand-assembled glassine paper with hand-stamped seal, 300 copies Tracklist 1. na ki sa 20' 42'' 2. ki sa na 13' 28'' 3. sa na ki 15' 16''

¥1890-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

SARAH HENNIES が ANDY MEYERSON とともに、プリンスの有名な曲をリワークした作品『Extra Time』

SARAH HENNIES WITH ANDY MEYERSON / Extra Time (CD)

SARAH HENNIES が ANDY MEYERSON とともに、プリンスの有名な曲をリワークした作品『Extra Time』。

SARAH HENNIES WITH ANDY MEYERSON による『Extra Time』。ニューヨークを拠点とする作曲家でありパーカッショニストの SARAH HENNIES が、サンフランシスコを拠点とするパーカッショニスト ANDY MEYERSON を迎えて作り上げたアルバム。本作『Extra Time』は、プリンスの有名な曲をアコースティック・パーカッションでリワークしたもので、様々な要素が複雑に構築されています。 2000年代初めにニューヨークに移住する前にオースティンの実験的音楽シーンに関わっていた、作曲家でありパーカッショニストの SARAH HENNIES。SARAH HENNIES は、さまざまな音楽的、社会政治的、心理的な問題に取り組み、音響心理学、パーカションを通し探求する、スティーブ・ライヒ、アーサー・ラッセル、ジュリアス・イーストマン、メアリー・ジェーン・リーチなどの作曲家と同様に語られるべき音楽家です。また SARAH HENNIES は、ALVIN LUCIER の「Still And Moving Lines Of Silence In Families Of Hyperbolas」を再現した作品も作り上げるほか、John Cage、Jandek、Peter Ablinger、Kunsu Shim、Jürg Frey、Ellen Fullman、Radu Malfatti、Arnold Dreyblatt などの作品において、録音および演奏にも関わる現代の作曲家のインタプリタでもあります。彼女は、長年、現代の前衛、実験音楽に関わるも正当な評価もなく、その環境は彼女にとって全く居心地の良いものではありませんでしたが、近年になりその活動は注目され、正当な評価を受けてきています。 6面デジパックが厚手のトレーシング・ペーパーに包まれ、ナンバリングされた300枚限定盤。インドネシアのレーベル Hasana Editions より。 6-page digipak with silver foil stamp, in hand-assembled glassine paper with hand-stamped seal, 300 copies Tracklist 1. Crazy 10' 10'' 2. Take U 5' 00'' 3. Kisses 16' 34'' 4. Rain 6' 00''

¥1890-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

SHAPES によるレトロフューチャーなミニマル・ウェーヴ作品『Beyond Reflection』がメキシコの Umor Rex より

SHAPES / Beyond Reflection (Cassette)

SHAPES によるレトロフューチャーなミニマル・ウェーヴ作品『Beyond Reflection』がメキシコの Umor Rex より。

SHAPES の『Beyond Reflection』。Phantom Horse の一人、Niklas Dommaschk によるソロ・プロジェクト SHAPES の、2017年から2020年の間にベルリンで録音され曲を収録したカセットテープ作品『Beyond Reflection』が、メキシコのアンビエント・レーベル Umor-Rex より。Phantom Horse ではクラウトロックに影響を受けた長尺な曲を特徴としますが、この SHAPES では5分ほどのレトロフューチャーなミニマル・ウェーヴが並びます。 Tracklist 1. Benzin 5' 17'' / 2. Interference 5' 07'' / 3. Snakes 3' 30'' / 4. Magnetic Mountain 5' 27'' / 5. Beyond Reflection / 4' 32'' / 6. Einzeller (For Alien Radio) 4' 33'' / 7. Two Stones 4' 16'' / 8. Energies of the Mind 4' 00''

¥1800-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

MAATSETHE のカセットテープ作品『Chimeric Sketches 2002 – 2020』が、メキシコのアンビエント・レーベル Umor Rex より

MAATSETHE / Chimeric Sketches 2002 - 2020 (Cassette)

ベルリンを拠点とする MAATSETHE のカセットテープ作品『Chimeric Sketches 2002 - 2020』が、メキシコのアンビエント・レーベル Umor Rex より。

MAATSETHE の『Chimeric Sketches 2002 - 2020』。ベルリンを拠点とする Matthias Neuefeind のソロプロジェクト MAATSETHE のカセットテープ作品『Chimeric Sketches 2002 - 2020』が、メキシコのアンビエント・レーベル Umor-Rex より。加工されたギターとサンプル、ゆらゆらと揺らぐ音のベール、仄かなハーモニー、ストイックなベースライン、それらが柔らかな優しい球体に描いたようなランドスケープは、メランコリックな映画のような情感をもたらす傑作アンビエント。 Tracklist 1. Kitty Wu 4' 54'' / 2. Surrounding French Ambience 6' 30'' / 3. San Berlino Conclusion 7' 10'' / 4. Failed / Retried 6' 54'' / 5. Pako (Maatsethe Re:action) 7' 07'' / 6. Tired Vortex 5' 27'' / 7. Basement Youth (Maatsethe Re:form) 5' 57''

¥0-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

円やかで心地良い音の粒子と環境音で作り上げられた VAGUE IMAGINAIRES のファースト・シングル『L’ile Sous l’Eau』

VAGUE IMAGINAIRES / L'ile Sous l'Eau (12 inch)

非常に円やかで心地良い音の粒子と環境音で作り上げられた VAGUE IMAGINAIRES のファースト・シングル『L'ile Sous l'Eau』。

VAGUE IMAGINAIRES の『L'ile Sous l'Eau』。Not Not Fun Records からデビュー作をカセットテープでリリースした、グルノーブルを拠点とするプロデューサー Denis Morin によるプロジェクト VAGUE IMAGINAIRES のファースト・シングル『L'ile Sous l'Eau』。フィールド録音、FMシンセで編み込まれたサウンドは、円やかで瑞々しく心地の良い音の粒子と環境音で作り上げられたニューエイジなアンビエントとテクノです。最後のトラックはニューエイジ版「Star Dancer」といった趣です。 Tracklist A1. Mais Qu'est-ce Que 08:40 / A2. Space Birthday 06:06 B1. La Plage Sous les Arbres 06:20 / B2. Deep In Blue 10:29

¥2150-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ERIK K. SKODVIN が手掛けたサウンドトラック『Anbessa』がヴァイナル・リリース

ERIK K SKODVIN / Anbessa (LP)

ERIK K. SKODVIN が手掛けたサウンドトラック『Anbessa』がヴァイナル・リリース。

ERIK K. SKODVIN の『Anbessa』。ノルウェーの Deaf Center の一人で Svarte Greiner としても活躍し、Sonic Pieces からのリリースでも高い評価を受ける ERIK K. SKODVIN が、Mo Scarpelli の手によりエチオピアで撮影されたドキュメンタリー映画『Anbessa』のために手がけたサウンド・トラック。 実際の映画で流れる、ハイエナ、鳥など動物たちの鳴き声、電子機器の修理音、会話、歌、それらフィールド音と、ギター、トランペット、クレイドラムなどの生楽器と電子音で奏でられたアンビエント・ドローンで構築されたオーディオ・シネマ的作品。Volcano The Bear の Aaron Moore が参加。500枚限定。 Tracklist 1. Story Time / Rain 2' 11'' / 2. First Dream 2' 25'' / 3. Kuba Breakup 3' 29'' / 4. Drifting Off To Birds 2' 03'' / 5. Dream Of Becoming An Animal 1' 09'' / 6. In The Darkness 1' 38'' / 7. Anbessa 3' 06'' / 8. Wake Up / Make A Radio 1' 32'' / 9. Helicopter Rejection 2' 00'' / 10. Attack Condo As Lion 3' 48''

¥3150-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

BLACK TO COMM によるカセットテープ 作品『A C of M』

BLACK TO COMM / A C of M (Cassette)

BLACK TO COMM によるロックダウン時の状況を不気味に反映したカセットテープ 作品『A C of M』。

BLACK TO COMM の『A C of M』。Type Records、Thrill Jockey、自身が主宰する Digitalis Recordings などからリリースする BLACK TO COMM こと Marc Richter によるカセットテープ 作品『A C of M』。本作は2020年4月と5月のロックダウン時にハンブルグにおいて作りあげられた作品です。自宅で演奏する人たち、カーデモ、通りやスーパーで叫んだり宣誓する人々、それらのサンプルから作りあげた、スケッチやループを自宅や屋外での録音とコンバインし作り上げられた本作品は、今も続く状況を不気味に反映したミュージック・コンクレート作品となっています。 Marc Richter は、映画のサウンドトラックなども手がけ、マイク・ケリーやホー・ツーニェンなどのビジュアルアーティストと協力し、パリの INAGRM やカールスルーエの ZKM などの機関でマルチチャンネルのサウンド・インスタレーションも制作しています。 このレーベル Cellule 75 は、Marc Richter による新たなレーベルで、故リュックフェラーリに敬意を表して名付けられています。 Recorded April/May 2020 in Hamburg in Covid-19 lockdown. Music & artwork by Marc Richter. Mastering by Rashad Becker. Tracklist 1. Cheap Trick 0' 46'' / 2. Starbucks Opera 4' 03'' / 3. Cannibal 3' 23'' / 4. Fanal 5' 31'' / 5. In Scherben 2' 55'' / 6. 39 0' 30'' / 7. Gratis Jazz 2 2' 04'' / 8. Leben am Leben 3' 13'' / 9. Extortionist 2' 02'' / 10. RGB to CMYK 2' 49'' / 11. Verschwinde Deine Jugend 0' 25'' / 12. Tpith Dienstag 1' 54'' / 13. A C of M 1' 13'' / 14. Nomusic Ltd 3' 27'' / 15. Ohne Pferde 2' 05'' / 16. James Last Exit 2' 05'' / 17. Ausfahrt Leben 2' 32'' / 18. Zoom Meeting On A Dissecting Table Of A Sewing Machine And An Umbrella 2' 14''

¥1990-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

SR Records のレア音源を厳選したアーカイヴ集『Rare Music From The Cometa’s Archives # 1』がヴァイナル再発

Various / Rare Music From The Cometa's Archives # 1 (LP)

伝説の作曲家も所属していた SR Records のレア音源を厳選したアーカイヴ集『Rare Music From The Cometa's Archives # 1』がヴァイナル再発。

レアなライブラリー音源のコンピレーション『Rare Music From The Cometa's Archives # 1』。SR Records のカタログから厳選された、イタリアン・ライブラリーのレア・トラックを収録した驚きのアーカイヴ集『Rare Music From The Cometa's Archives # 1』。キラー・パーカッション、華やいだジャズ、奇妙なグローバルサウンド、美しいライブラリー・ミュージックなどを収録。 SR Records には、Alessandro Alessandroni、Stefano Torossi、Francesco De Masi、Gino Marinuzzi Jr. など伝説の作曲家も所属していました。現在、SR Records の音源は全て Cometa が所有しています。 Tracklist A1. G. Carnini / Funny Mood 4:11 A2. S. Chimenti / E. Pieranunzi / Incessante 5:00 A3. M. Guantini / Giochi Della Gioventù (M3) 3:41 A4. G. Carnini / Brain 4:08 B1. Teimar / G. Ducros / Mistery Tour 2:33 B2. W. Rizzato / S. Chimenti / Grumbling (#2) 3:06 B3. G. Tommaso / Dissenso 2:28 B4. Teimar / Movimenti Ritmici 2:07 B5. M. Guantini / Giochi Della Gioventù 2:28 B6. M. Faneschi / Barcamenandoci M25 1:50 B7. S. Chimenti / G. Declich / Maison Verte 2:27

¥3590-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

80年代インダストリアル、EBMシーンで活躍していた DOXA SINISTRA のコンピレーション『Universo: Selected Works 1982-1988』

DOXA SINISTRA / Universo: Selected Works 1982-1988 (2LP)

80年代インダストリアル、EBMシーンで活躍していた DOXA SINISTRA の、80年代にリリースされていたアルバムから選りすぐったコンピレーション『Universo: Selected Works 1982-1988』。

DOXA SINISTRA の『Universo: Selected Works 1982-1988』。オランダの80年代インダストリアル、EBMシーンで活躍していた DOXA SINISTRA の、1982年から1988年にかけて Trumpett レーベルからリリースされていたアルバムから選りすぐり、2枚のヴァイナルにまとめたコンピレーション『Universo: Selected Works 1982-1988』が Mannequin から。1982年に結成された DOXA SINISTRA は、コルグ MS-10 とコルグ MS-20 といったシンセサイザーで武装をし、痛烈なEBMサウンドを作りあげ、80年代に Trumpett レーベルに3枚のアルバムを残しています。 Tracklist A1. Maurizio's Minestrone / A2. Media Bomb / A3. No Car, No Job / A4. Conversation À La Chaîne / A5. Soviet Invasion / A6. The Late Jack Wright / A7. International Cycling Sport B1. Entomorbide / B2. Televisor / B3. Il Spirito Di Sergio Leone / B4. Kuomintang's Space Blues / B5. Himmelfarb (Live In Oktopus February 24 1982) C1. The Other Stranger / C2. L-Dopa / C3. Large Expanded Halls / C4. Ruhrgebiet / C5. Media Bomb (Ignition Delay) / C6. Urkey Sticks (Visserslatijn) D1. The Networkers Pts. 1 & 2 / D2. Khayanart / D3. Remote Birth Control / D4. The Sky Is The Limit / D5. Putana Irriconoscibile (Zuhälter Mix) / D6. Kuomintang (Live In Paradiso April 29 1982)

¥3090-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

PHILIP CORNER の新たな作品『Through Mysterious Barricades with George Maciunas』

PHILIP CORNER / Through Mysterious Barricades with George Maciunas (LP)

ジョージ・マチューナスへ捧げた録音、そしてフランソワ・クープラン「神秘の防壁」をピアノでプレイスルーした音源で構成された PHILIP CORNER の新たな作品『Through Mysterious Barricades with George Maciunas』。

PHILIP CORNER の『Through Mysterious Barricades with George Maciunas』。Fluxus (フルクサス) の活動で知られるフィリップ・コナーの新たな作品が Recital レーベルよりヴァイナル・リリース。そのフルクサスの提唱者ジョージ・マチューナス (1931-1978) へ捧げた、2020年初頭イタリアでの小規模な公演での録音、そして1989年と1992年にフィリップ・コナーがフランソワ・クープランの「神秘の防壁 Les Barricades Mysterieuses (1717)」を、メディテーティブにピアノでプレイスルーした録音、それら2つの要素で構成された新たな作品です。限定250枚。 フィリップ・コナーによるエッセイとスコアが載った12ページの冊子入り。 Limited to 250 copies. Includes 12-page pamphlet of scores and an essay by Philip Corner. Tracklist 1. Through The Mysterious Barricade (after f. Couperin), with superimposed Homage to Philip Corner by George Maciunas 20' 50'' 2. The Mysterious Barricade With Chimes, with superimposed Homage to Jurgis Maciunas by Philip Corner 19' 06''

¥3490-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ERIC SCHMID が Dieter Roth へのオマージュとして捧げたカセットテープ作品『Dedicated To Dieter Roth』

ERIC SCHMID / Dedicated To Dieter Roth (Cassette)

ERIC SCHMID が Dieter Roth の「Lorelei」へのオマージュとして捧げたカセットテープ作品『Dedicated To Dieter Roth』。

ERIC SCHMID の『Dedicated To Dieter Roth』。ビジュアル・アーティストでありサウンド・アーティスト ERIC SCHMID の、電子ピアノによる1時間弱の即興演奏を記録したカセットテープ作品。 本作はスイスの比類なきアーティスト Dieter Roth (1930-1998) が、1978年に自身の二人の子供との演奏を記録した37個のカセットテープと、ラジカセを、Dieter Roth の手によりドローイングされた木箱 (12x61x28cm) に格納した作品「Lorelei (the Long Distance Sonata)」へのオマージュとして、ERIC SCHMID が電子ピアノで即興演奏し捧げた作品です。 Tracklist 1. Ode to Lorelei #1 29' 16'' / 2. Ode to Lorelei #2 29' 14''

¥0-

オンラインショップで在庫確認 / 購入