MATS GUSTAFSSON と OTOMO YOSHIHIDE によるデュオ・アルバム『Timing』

MATS GUSTAFSSON + OTOMO YOSHIHIDE DUO / Timing (CD)

MATS GUSTAFSSON (マッツ・グスタフソン) と OTOMO YOSHIHIDE (大友良英) によるデュオ・アルバム『Timing』が doubtmusic より。

MATS GUSTAFSSON + OTOMO YOSHIHIDE DUO の『Timing』。分厚いブックレット仕様。初回出荷分300枚のみマッツ・グスタフソン、大友良英、各々のソロトラックを収録したCDR付き。 (以下レーベル解説) いつでも俺は名前のない音楽が聴きたい。それはこういう音楽だ。(湯浅学/ライナーより) 居合術の如き「タイミング」がせめぎ合う最高のデュオ・インプロヴィゼイション!これが、今一番必要な音!!! 吉祥寺GOKサウンドで公開レコーディングされた強力なデュオ、二年後の2020年、やっとCD作品として日の目を見ることになりました! マッツの、音圧最強のバリトンと、フルートにリードを付けた自作楽器「フルートフォン」、そして近年力を入れているエレクトロニクスに、大友のターンテーブル、ギター、バンジョーがきわめて有機的に絡み合う名演! 大友のターンテーブルによる作品も実に久しぶりです。一発録り。エディット、オーバーダブ一切なし。タイトルに込められた「タイミング」(マッツの命名)は、まさにこの音楽を象徴するタイトルです。出来れば大きめのスピーカーで爆音で聴いていただきたい大胆かつ綿密な音楽! 演奏: マッツ・グスタフソン=バリトン・サックス、フルートフォン、ライブ・エレクトロニクス 大友良英=ターンテーブル、ギター、バンジョー ライナーノーツ: 湯浅学、マッツ・グスタフソン、大友良英、沼田順(全て英訳/邦訳付き) Tracklist 1. 429 ( bs + tt ) / 2. 709 ( elec + g ) / 3. 533 ( flutephone + banjo ) / 4. 516 ( bs, flutephone + tt ) / 5. 544 ( bs, elec + tt ) / 6. 531 ( flutephone + banjo ) / 7. 930 ( bs + elec + tt, g ) / 8. 511 (bs, flutephone + tt ) bs = bariton sax, tt = turntable, elec = live-electronics, g = guitar

¥2420-

オンラインショップで在庫確認 / 購入