サウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON による2020年の作品『Echo』が待望のヴァイナル・リリース

FELICIA ATKINSON / Echo (LP)

フランスのサウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON による2020年の作品『Echo』が待望のヴァイナル・リリース。

FELICIA ATKINSON の『Echo』。Spekk、Home Normal などからのリリースをはじめ、Sylvain Chauveau との Roman Anglais、 Elise との Stretchandrelax といったユニットでも知られる、詩人でありフィルムメイカーでもあるフランスのサウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON の、2020年にカセットテープでリリースされていたアルバム『Echo』が待望のヴァイナル・リリース。声とフィールド・レコーディングを中心に構成されたエレクトロ・アコースティック作品。 デレク・ジャーマンがイギリスの Dungeness で晩年まで過ごした事に大きな影響を受け、木造のシャレーで作業をするというフェリシア・アトキンソンの、憂いを帯びた静寂なエネルギーが環境音とともに全編にわたり拡がり満ち、儚くも豊かなアンビエンスに包み込まれます。 ダークグリーン・ヴァイナル仕様の500枚限定盤。 Tracklist A1. According to GH 2:22 A2. Hope Alarm 7:28 A3. Muscari 9:11 B1. A Swan 1:29 B2. The Waves 1:20 B3. Lillies 13:47

¥3690-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ELI KESZLER のインスタレーション作品の音源を中心に構成された2枚組CDアルバム『Catching Net』

ELI KESZLER / Catching Net (2CD)

ELI KESZLER のインスタレーション作品の音源を中心に構成され、2012年にリリースされた2枚組CDアルバム『Catching Net』。

ELI KESZLER の『Catching Net』。ELI KESZLER 自身が主宰するレーベル Rel Records からリリースされた「Cold Pin」を含む、ピアノ線に振動するデバイスを取り付けたサウンド・インスタレーション作品の音源を中心に構成されたアルバム『Catching Net』。2012年に Pan レーベルから2枚組CDでリリース。 その単独インスタレーション音源の他に、インスタレーションと Eli Keszler (drums, percussion, crotales, guitar)、Ashley Paul (alto saxophone, bass harp)、Geoff Mullen (prepared guitar)、Greg Kelley (trumpet)、Reuben Son (bassoon)、Benny Nelson (cello)、Sakiko Mori (piano) とのアンサンブルも含まれています。 Phill Niblock、Roscoe Mitchell、Joe McPhee、Loren Connors、Jandek、Laurel Halo とのコラボレートや、Oneohtrix Point Never と共にしたツアーでも注目を集める、ニューヨークを拠点に活動する作曲家、マルチメディア・アーティスト ELI KESZLER。作品の質感により ELI KESZLER は電子音楽家と捉えられることも多いようですが、ドラムセットとアコースティック・パーカッションを主体に、様々なテクスチャーをジャズアンサンブルのように複雑に絡めあげ、独自のサウンドスケープを構築するパーカッショニストでもあります。これまでに、Empty Editions、ESP Disk、PAN、Shelter Press といった先鋭的なレーベルから素晴らしいリリースを重ねています。 シルクスクリーン印刷が施された厚手のビニールカバー付き。
試聴用映像
試聴用映像
Tracklist 1-1. Cold Pin 1 13:10 1-2. Cold Pin 2 14:19 1-3. Cold Pin 3 (Ensemble) 25:35 2-1. Catching Net (String Quartet, Piano And Installation) 16:27 2-2. Cold Pin (Installation Recording) 13:19 2-3. Collecting Basin (Shreveport, LA) 10:00

¥2450-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

サウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON が2019年にリリースした作品『The Flower And The Vessel』

FELICIA ATKINSON / The Flower And The Vessel (CD/2LP)

フランスのサウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON が2019年に Shelter Press よりリリースした作品『The Flower And The Vessel』。

FELICIA ATKINSON の『The Flower And The Vessel』。Spekk、Home Normal などからのリリースをはじめ、Sylvain Chauveau との Roman Anglais、 Elise との Stretchandrelax といったユニットでも知られる、詩人でありフィルムメイカーでもあるフランスのサウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON が、2019年にリリースしたアルバム『The Flower And The Vessel』。 FELICIA ATKINSON ならではな、声、フィールド・レコーディングなどを構成しつつ、沈黙、不在、声なき荒地へと踏み込んだエレクトロ・アコースティック作品。メランコリックなピアノのモチーフ、控えめなパーカッションの残響、囁き、それらが微かな色を添え、不穏なアンビエンスにエレガントな香りを漂わせます。ラストの曲では、プロデューサーでもある Stephen O'Malley がフィーチャリングされています。 妊娠していた時期に行われたというツアー中に、滞在したホテルで製作された本作は、FELICIA ATKINSON 曰く「妊娠についての記録ではなく、妊娠で作られた記録」とのこと。
試聴用映像
Tracklist 1. L’Apres-Midi 0:56 / 2. Moderato Cantabile 7:58 / 3. Shirley To Shirley 4:14 / 4. Un Ovale Vert 3:48 / 5. You Have To Have Eyes 8:02 / 6. Linguistics Of Atoms 5:58 / 7. Lush 3:38 / 8. Joan 6:44 / 9. Open / Ouvre 4:02 / 10. L'Enfant Et Le Poulpe 5:58 / 11. Des Pierres 18:42

¥2390-

オンラインショップで在庫確認 / 購入