ANIMAL COLLECTIVE による初の映画音楽作品となる『Crestone (Original Score)』が限定ヴァイナル・リリース

ANIMAL COLLECTIVE / Crestone (Original Score) (LP+DL)

ANIMAL COLLECTIVE による初の映画音楽作品となる『Crestone (Original Score)』が限定ヴァイナル・リリース。

ANIMAL COLLECTIVE の『Crestone (Original Score)』。アニマル・コレクティブにとって初となるスコアを務めた、Marnie Ellen Hertzier によるドキュメンタリー映画『Crestone』のためのサウンドトラック。穏やかなテクスチャーと歪曲した空間に縁取られたサイケデリアに包み込まれるアブストラクト・ミュージック。 限定ヴァイナル。ダウンロード・コード付き。 1990年代半ば、ボルチモアの友人同士で自然発生的に結成、現在はエイヴィ・テア、ディーキン、パンダ・ベア、ジオロジストの4人で活動をするアニマル・コレクティブ。今までにリリースしてきた作品は全てその年を代表する作品にも数えられ、メインストリームとアンダーグラウンドを行き来し、新たな音楽を探求し続けることで常に後進に影響を与えるオルタナティブなバンドの一つとして君臨し続けている。 そんな彼らが、Marnie Ellen Hertzier (マーニー・エレン・ハーツラー) が脚本・製作・監督を務めた長編映画『Crestone』のスコアを担当し、そのサウンドトラックを Domino より限定リリース。映画はコロラド州クレストンの砂漠を舞台に、8日間にわたって孤独な環境で大麻を育てながら音楽を作るサウンドクラウド・ラッパーたちを追った内容で、彼らの旧友が映画を作るためにやってくると、現実と虚構が曖昧になり始める…というストーリーとなっている。 アニマル・コレクティブはこれまでに、コーラル・モフォロジック (Coral Morphologic) とのコラボレーションによるオーディオビジュアルアルバム『Tangerine Reef』(2018年)、アーティストのダニー・ペレス (Danny Perez) とのコラボレーションによるグッゲンハイム美術館でのインスタレーションの音楽として『Transverse Temporal Gyrus』(2012年)、同じくダニー・ペレスとのコラボレーションによるビジュアル・アルバム『ODDSAC』(2010年)をリリースしているが、『Crestone (Original Score)』はバンドにとって初の映画音楽作品となる。 Tracklisting: 01. Dome Yard / 02. Eye in the Sky / 03. Boxing & Breathing / 04. Scavengers / 05. Wake Up Ryan / 06. Benz’s Dream / 07. Sloppy’s Dream / 08. Sand That Moves / 09. Over the Sangre de Christo / 10. EBS / 11. Sad Boy Sleeping / 12. Ramshack / 13. Smoke & Broken Mirror / 14. Zapata Falls / 15. Oh California / 16. Cotton Candy Sky (Dead God Theme)

¥3450-

オンラインショップで在庫確認 / 購入