NIGHTMARES ON WAX の『Remixed! To Freedom…』。Osunlade、Tuccillo、Mala によるリミックスを収録

NIGHTMARES ON WAX / Remixed! To Freedom... (12 inch)

NIGHTMARES ON WAX の『Remixed! To Freedom...』。Osunlade、Tuccillo、Mala によるリミックスを収録。

NIGHTMARES ON WAX の『Remixed! To Freedom...』。エレクトロニカ、ジャズ、ヒップホップ、テクノ、ダブ、ファンク、ソウル、テクノを独自にブレンドしソウルフルなクラブ・ミュージックを創造するナイトメアズ・オン・ワックスが、2021年にリリースしたアルバム「Shout Out! To Freedom...」収録楽曲のリミックス・シングルをリリース。30年以上に渡りシーンを牽引する、Warp Records 最古参の所属アーティストによる傑作12インチ・シングル。 Aサイドには、Yoruba Records を主宰するディープ・ハウスの重鎮 Osunlade による Osunlade’s Yoruba Soul Mix と、A-2 には Willie Graff と共に Drumpoet Community や Freerange といったレーベルから作品を発表するイビザの新鋭 Tuccillo がバレアリックなフィーリングを溶け込ませた Tuccillo Remix を収録。そしてBサイドには、ダブステップ黎明期より活動をするオリジネーター Mala が手がけたディープでメディテーティブな Mala’s Souljah VIP Remix を収め、そして何と言っても傑出しているのが B-2 のナイトメアズ・オン・ワックス自身によるディレクターズ・カット。それらを4曲を収録した12・シングル。 *トラック1〜4がヴァイナル収録。 Tracklist SIDE-A 1. Wonder (Osunlade’s Yoruba Soul Mix) 2. Wonder (Tuccillo Remix) SIDE-B 1. 3D Warrior (Mala’s Souljah VIP Remix) 2. 3D Warrior (NOW Director’s Cut)

¥2600-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

裸のラリーズ「OZ Days Live」に未発表音源を加えた世界初となるオフィシャル・ヴァイナルLP

LES RALLIZES DENUDES (裸のラリーズ) / The OZ Tapes (2LP)

裸のラリーズ「OZ Days Live」に未発表音源を加えた世界初となるオフィシャル・アナログLPを遂にリリース。

LES RALLIZES DENUDES (裸のラリーズ) の『The OZ Tapes』。1973年東京・吉祥寺のライブハウス「OZ」で録音されたオムニバスアルバム「OZ Days Live」に、当時収録されていなかった未発表音源を加えた2枚組ヴァイナル『The OZ Tapes』として公式リリース。ラリーズの音源に関する法的権利を有する「The Last One Musique」が正式に認めた公式、久保田麻琴によるオリジナル・アナログテープからのリマスター盤。手塚実 (OZ店長/後にラリーズのマネージャー) によるライナーノーツと当時の貴重な写真を含むブックレット (和訳付) 付属。クラフトボード・スリーヴ、帯付き。 1972年、吉祥寺駅からほど近い建物の2階にオープンしたライブハウス「OZ」は、雑然とした手作り感満載のロック喫茶で、1年3ヶ月とわずかしか存在しなかったものの、その短い存在の間に、東京で急成長するアンダーグランド、カウンターカルチャーの中枢として、ミュージシャンのみならず個性的な人々が集う特別な場所となった。そのOZの目玉グループのひとつが、京都出身のサイケデリック・ノイズバンド、裸のラリーズだった。謎に包まれたリーダー水谷孝による今や伝説と化したこのバンドは、OZがその最初期にブッキングしたバンドのひとつであり、また最終的には、その閉店を受けて企画された「OZ LAST DAYS」と銘打たれたシリーズ・ライブ、OZの短命ながらもその素晴らしい世界を称える5日間にわたる騒々しいイベントにも出演することになる。 そしてその機会にOZ店内で録音された音源が、「OZ DAYS LIVE」という自主製作の2枚組LPとして発売された。収録アーティストは、都落ち、アシッド・セブン、南正人、タージ・マハル旅行団、そして裸のラリーズによる4曲。これらはその時に録音された音源のほんの一部であったが、この4曲が、アナログ盤LPとしては現在に至るまで唯一のラリーズの公式音源であった --- しかしこの『The OZ Tapes』によって、ついに私たちはすべてを聴くことができるようになる。Scotch のオープンリールに残されたこれらの録音はほぼ半世紀にわたり眠ったままだった。 これまで一度も聴かれることのなかった音源は、ラリーズの最も抑制不能で実験的な姿と、繊細で美しい姿を明らかにする。水谷孝の持つこの二面性こそが、バンドのレガシーを決定づけるものとなるのだ --- 『The OZ Tapes』のすべてを聴くことは、ラリーズの靄に包まれた歴史の一部を紐解く手だてとなるだろう。もちろん、この後に水谷がバンドを引きずり込んでゆく一触即発の未踏の世界をまだ暗示する段階の、活気に満ちた、一見イノセントな時代の音源だとしても。 Text by Yosuke Kitazawa Tracklist Side A 1. OZ Days (1:33) 2. A Shadow on Our Joy / 僕らの喜びに影がさした (7:04) 3. Wilderness of False Flowers / 造花の原野 (7:36) 4. White Awakening / 白い目覚め (3:51) Side B 1. The Last One_1970 (24:14) Side C 1. Memory Is Far Away / 記憶は遠い (6:40) 2. Vertigo otherwise My Conviction / 眩暈 (11:35) Side D 1. The Last One_1970 (ver.2) (23:26) A1 『OZ DAYS LIVE』(1973) 収録音源 A2, A3, B1 『OZ DAYS LIVE』(1973) 収録音源の未編集バージョン A4, C1, C2, D1 完全未発表音源

¥6050-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

G. STEENKISTE (aka Hellvete) と U. SCHUTTE (Phantom Horse) による初のコラボレーション作品『G. Steenkiste & U. Schutte』

G. STEENKISTE & U. SCHUTTE / G. Steenkiste & U. Schütte (Cassette+DL)

G. STEENKISTE (aka Hellvete) と U. SCHUTTE (Phantom Horse) による初のコラボレーション作品『G. Steenkiste & U. Schütte』。

G. STEENKISTE & U. SCHUTTE の『G. Steenkiste & U. Schütte』。長年の友人である G. STEENKISTE (aka Hellvete) と U. SCHUTTE (ドイツのデュオ Phantom Horse の一人) による、ベルギーのゲントとドイツのハンブルクで行われたセッションを録音した最初のコラボレーション作品『G. Steenkiste & U. Schütte』。基本的にハーモニウム、シュルティボックス、モジュラーシン・セサイザーを使用した、エレクトリックとアコースティックの美しい出会い。ミニマルな構造から構造から醸し出される荘厳なハーモニーが繊細に変化する、エレガントなエレクトロ・アコースティック作品。 100部限定。ダウンロードコード付き。 Tracklist 1. Meestal Hieronder - Ulf Schütte, Glen Steenkiste 20' 45'' 2. Guter Alter Richard - Ulf Schütte, Glen Steenkiste 17' 40''

¥1950-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ALEJANDRO MORSE のシンフォニックなエレクトロ・アコースティック作品『Stonewalling』

ALEJANDRO MORSE / Stonewalling (Cassette+DL)

ALEJANDRO MORSE のシンフォニックなエレクトロ・アコースティック作品『Stonewalling』。

ALEJANDRO MORSE の『Stonewalling』。Edgar Medina によるアンビエント、ドローン・プロジェクト ALEJANDRO MORSE のカセットテープ作品『Stonewalling』。ギターとマイク・フィードバック、オシレータ、およびフィールド・レコーディングにより生成されたシンフォニックなエレクトロ・アコースティック。 本作は、メキシコ映画の黄金時代に、それらの映画では音楽がコミュニケーションのツールとして使用されていたことにインスパイアされ作り上げられた、コミュニケーションについてのアルバムです。 100部限定。ダウンロードコード付き。 Tracklist 1. A Mystery Manifested 6' 16'' / 2. I'm Becoming In Everything You Want 7' 20'' / 3. Ghosthing Me Out 6' 55'' / 4. Breadcrumbs 7' 03'' / 5. Stonewalling 9' 03'' / 6. Don't Let Me Down This Time 8' 08''

¥1950-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

即興ノイズ集団 DRNTTCKS による逸脱した IDM によるカセットテープ作品『Nein + Nei』

DRNTTCKS / Nein + Nein (Cassette)

即興ノイズ集団 DRNTTCKS による逸脱した IDM によるカセットテープ作品『Nein + Nei』。

DRNTTCKS の『Nein + Nei』。Thorben Detlefsen と Franz Joseph Kaputt を核とする即興ノイズ集団 DRNTTCKS のカセットテープ作品『Nein + Nei』。フィードバック・ループ、ピッチダウンしたボーカル、実験的ダブ、コズミック・シンセ、プリミティブなビート、ドローンギターなどにより構成された、テクノともインダストリアルとも判別のつかない逸脱した IDM サウンド。 Tracklist 1. Verbeamtungszauber 9' 13'' / 2. Almanvirus 7' 47'' / 3. Ibuprofane Existence 7' 26'' / 4. Europa 2 (Extended Version) 17' 10'' / 5. Typisch German Dance 6' 44''

¥1790-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

1997年にリリースされた Mego クラシック、GENERAL MAGIC の『Frantz』が初のヴァイナル・リリース

GENERAL MAGIC / Frantz (2LP)

1997年にリリースされた Mego クラシック、GENERAL MAGIC の『Frantz』が初のヴァイナル・リリース。

GENERAL MAGIC の『Frantz』。Ramon Bauer と Andi Pieper によるデュオ GENERAL MAGIC の1997年に Editions Mego の前身レーベル Mego からリリースしたファースト・アルバム『Frantz』が、リマスターされ初のヴァイナル・リリース。このリイシューには、1995年に12インチとしてリリースされた「Die Mondlandung」(MEGO 002) も含まれています。 インダストリアル、テクノ、グリッチ、アバンギャルドなど、それら異なるジャンルを再構成した、大胆でビビッドな陶酔的電子音楽は新鮮で衝撃的でした。この GENERAL MAGIC をはじめ、Mego レーベルからリリースされた数々の作品が実験的なテクノ・シーンに与えた影響は計り知れず、今後も語り継がれていくことでしょう。 Mego レーベルは GENERAL MAGIC の2人 Ramon Bauer と Andi Pieper、そして Peter Meininger により1994年に設立されました。1995年に Pita (Peter Rehberg) が加わり、Peter Meininger がレーベル運営から抜けています。その後、Pita (Peter Rehberg) が Mego のレガシーを維持し Editions Mego を設立しています。 Tracklist Disc 1 1. Tyrell (2021 Remaster) 3' 42'' / 2. Take The Bus (2021 Remaster) 5' 15'' / 3. Rollen Rink (2021 Remaster) 6' 10'' / 4. Close, But Not Quien (2021 Remaster) 6' 01'' / 5. The Official GM Ski-WM Theme (2021 Remaster) 1' 08'' / 6. Temko (2021 Remaster) 5' 20'' / 7. Boom (2021 Remaster) 6' 34'' / 8. Madshoes (2021 Remaster) 5' 38'' / 9. Obvious (2021 Remaster) 3' 36'' Disc 2 1. No Ketting (2021 Remaster) 5' 30'' / 2. Blob Return (2021 Remaster) / 2' 12'' / 3. Bonden (2021 Remaster) 4' 54'' / 4. Mimi (2021 Remaster) 1' 42'' / 5. 11:25 (2021 Remaster) 4' 40'' / 6. Die Mondlandung (2021 Remaster) 11' 00''

¥3650-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

VLADISLAV DELAY の2001年にリリースされた初期傑作『Anima』がヴァイナル再発

VLADISLAV DELAY / Anima (2LP+DL)

VLADISLAV DELAY の2001年にリリースされた初期傑作『Anima』がヴァイナル再発。

VLADISLAV DELAY の『Anima』。テクノ、ダンスミュージックの領域を拡張し続ける VLADISLAV DELAY が2001年に Mille Plateaux からリリースした3作目の傑作アルバム『Anima』が2枚組ヴァイナルで再発。今回のヴァイナル再発では、CDのみで入手可能だったロング・ヴァージョンを収録しています。ミュージック・コンクレート的な手法で創り上げられた初期傑作アルバム。アンビエント、エレクトロニカ、アヴァン・ダブなど、テクノやダンス・ミュージックの領域を超えた恍惚とした実験的エレクトロニック・ミュージック。 テクノを中心にあらゆるスタイルを飲み込む電子音楽家 Sasu Ripatti のエクスペリメンタル・ダブ名義 VLADISLAV DELAY。CHAIN REACTION、MILLE PLATEAUX などに名作を残し、Luomo、VLADISLAV DELAY、Sistol などの名義、自身のバンド Vladislav Delay Quartet や、Moritz Von Oswald Trio にも参加するなど、めまぐるしいほどの活動を続ける。Luomo 名義ではハウス、Sisol、Uusitalo、VLADISLAV DELAY 名義ではミニマル、ダブ、アンビエント、グリッチ、そして Raster-Noton から発表したエクスペリメンタルなノイズに至るありとあらゆるテクノを探求、Moritz Von Oswald Trio ではパーカッショニスト、自身のバンド Vladislav Delay Quartet を率い、パートナーでもある AGF とのポップ・プロジェクト The Doll も始動。新レーベル Ripatti を始め、ソロやコラボも含め留まることなく活動を続けている。 Incl. black poly-lined inners, incl. download Tracklist Disc 1 1. Anima A 20' 21'' / 2. Anima B 19' 44'' Disc 2 1. Anima C 20' 04'' / 2. Anima D 2' 11'' / 3. Anima (Version) 10' 12'' Digital DL Anima_Continuous Mix (Digital Bonus)

¥3390-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

JONATHAN FITOUSSI と CLEMENS HOURRIERE が、Cie XY のバレエの為に作り上げたサウンド・トラック『Mobius』

JONATHAN FITOUSSI & CLEMENS HOURRIERE / Möbius (LP)

GMR に加入した作曲家 JONATHAN FITOUSSI と CLEMENS HOURRIERE が、Cie XY のバレエの為に作り上げたサウンド・トラック『Möbius』。

JONATHAN FITOUSSI & CLEMENS HOURRIERE による『Möbius』。ARIEL KALMA とのスプリット・アルバムも傑作だった、GRM にも加入したパリを拠点とする作曲家で、アナログシンセ、モジュラーシンセを使用したエレクトロ・アコースティック作品を作り上げる JONATHAN FITOUSSI と CLEMENS HOURRIERE が、Cie XY の振付師 Rachid Ouramdane と共に作り上げた、空中バレエの為のサウンド・トラック。ミニマルなグルーヴと浮遊感溢れるアンビエンスが心地良い極上のコズミック・サウンド。この手のサウンドでは JONATHAN FITOUSSI に駄作なしです。 参考映像
試聴用映像
Tracklist A1. Pendulum 3:58 / A2. Lune D'Afrique 3:55 / A3. Valse 4:59 / A4. Syncussion 3:32 / A5. Aqueduc 4:03 B1. Poissons Volants 4:56 / B2. Vague 5:50 / B3. Magma 5:12 / B4. Murmuration 5:06

¥3690-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

コンクレート作家 CRYS COLE が時系列に従い自由形式の詩のように組み立てた『A Piece Of Work』

CRYS COLE / A Piece Of Work (LP+DL)

コンクレート作家 CRYS COLE が時系列に従い自由形式の詩のように組み立てた『A Piece Of Work』。

CRYS COLE の『A Piece Of Work』。ありふれた素材を通し繊細で不完全な音を生成するカナダのコンクレート作家 CRYS COLE が、グラスゴーの現代美術館 CCA (Centre for Contemporary Arts) から断続的に放送されるアートラジオ局「Radiophrenia」から委託され、2019年に初演の『A Piece Of Work』がヴァイナル化。 即興ライヴ演奏のようにも聴けてしまう本作は、オスロ、ベルリン、ウィーン、ウィニペグ、メルボルン、リスボンで時間の経過とともに収集された断片を、後に時系列に従い自由形式の詩のように組み立てられ、それらの場所を旅するように誘います。モンタージュと動きの両方を取り入れ、ダイナミクスと近接性、複雑さと感性、それらが交流する非常に豊かなテクスチャーを作り上げています。 ライブ・パフォーマンスとスタジオ・セッションを通じて発展し、時間の経過とともに自然に作品が進行し、最終的には、森本誠士によるエレクトロニクスと Oren Ambarchi のパーカッションを伴いこの最終バージョンがこのヴァイナルにプレスされました。 CRYS COLE は、Oren Ambarchi、Leif Elggren、James Rushford、Keith Rowe などのアーティストとのコラボレーションでも知られています。 300枚限定。ダウンロード・コード付き。 Tracklist 1. A Piece Of Work 27' 47''

¥2980-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

SCOTT CAMPBELL による、憂いを滲ませ、揺らぎつつも平穏な時間を紡ぐアンビエント作品『Weight』

SCOTT CAMPBELL / Quiet Rituals (Cassette)

SCOTT CAMPBELL による、憂いを滲ませ、揺らぎつつも平穏な時間を紡ぐアンビエント作品『Weight』が Seil Records から。

SCOTT CAMPBELL の『Quiet Rituals』。日常の一見平凡な仕事や習慣からインスピレーションを得て、シンセサイザー、サンプラー、テープループ、フィールド録音などから創り上げられた、穏やかでエモーショナルなアンビエント・アルバム『Quiet Rituals』をカセットテープでリリース。William Basinski による一連の作品にも近いマチエールが、憂いを滲ませ、揺らぎつつも平穏な時間を紡ぐ傑作。イイです。 本作は、ルイジアナ州ニューオーリンズで2021年に録音されました。 Tracklist 1. Mandarin Peel 5' 04'' / 2. Sun Glitter / River Glass 6' 33'' / 3. Meander Belt 4' 15'' / 4. Hearts of Palm 2' 48'' / 5. Innermost 5' 56'' / 6. Cat’s Claw / Dust in the Light 5' 21'' / 7. Dusk Walk 3' 13'' / 8. Serein 5' 13''

¥1950-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

JOGGING HOUSE によるエモーショナルなアンビエント作品『Weight』

JOGGING HOUSE / Weight (Cassette/LP)

JOGGING HOUSE によるエモーショナルなアンビエント作品『Weight』が Seil Records から。

JOGGING HOUSE の『Weight』。フランクフルトに拠点を置き、主にカセットテープでリリースを重ね、Dauw レーベルからもリリースする JOGGING HOUSE が、穏やかでヒプノティックなシンセサウンド、控えめで繊細なリズム、夢のように流れる構成で創り上げた非常にエモーショナルなアンビエント・アルバム『Weight』をカセットテープでリリース。聴く者を悲哀と希望の間に誘う傑作アルバム。 - カセットテープとヴァイナルがあります。フォーマットを選択しカートに入れてください。 Tracklist A1. Traverse 5:30 / A2. Stairs 6:00 / A3. Current 5:22 / A4. Fires 5:10 B1. Rust 6:10 / B2. Breaks 4:01 / B3. Wounds 6:10 / B4. There 6:12

¥1890-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

DAVID ALLRED が Dauw レーベルよりリリースしたフォーク・アンビエント作品『Driving Through the Aftermath of a Storm on a Clear Day』

DAVID ALLRED / Driving Through the Aftermath of a Storm on a Clear Day (LP)

DAVID ALLRED がベルギーの Dauw レーベルより2021年にリリースしたフォーク・アンビエント『Driving Through the Aftermath of a Storm on a Clear Day』。

DAVID ALLRED の『Driving Through the Aftermath of a Storm on a Clear Day』。オレゴン州ポートランド出身のアンビエント・フォーク・ミュージシャンで実験的作曲家の DAVID ALLRED が、ベルギーの Dauw レーベルより2021年にリリースしたアルバム『Driving Through the Aftermath of a Storm on a Clear Day』。本作は、主にフェルトピアノ、弦楽器、金管楽器、テープ、声、シンセサイザー、ギター、パーカッションなどを中心に構成され、全体にダブ風の実験的なアレンジが施された素晴らしいアルバム。 DAVID ALLRED は、主にソロアーティストとして活動しツアーを行っている一方で、Peter Broderick との Allred & Broderick や、Greg Eldridge との Good Enough for Grandpa など、さまざまなコラボレーション・プロジェクトでもリリースしています。さらに、Aidan Coughlan、Jung Body、St. Tsunami、Heather Woods Broderick、Lubomyr Melnyk、Masayoshi Fujita、Chantal Acda、Brigid Mae Power、Birger Olsen、The Beacon Sound Choir などの作品に参加しています。Erased Tapes Records のコンピレーション・ボックス「Various / 1 + 1 = X」にも曲を提供しています。 Tracklist 1. Wave 2' 32'' / 2. New Gravity 3' 33'' / 3. Sunbeam 2' 40'' / 4. Lizard in the Spring 1' 33'' / 5. Driving 4' 44'' / 6. Portland Nursery 2' 42'' / 7. Sweet Potato 3' 36'' / 8. Potato 1' 37'' / 9. Dandelion 2' 06'' / 10. Dat Hibiscus 4' 07'' / 11. Daylight 2' 19''

¥3290-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

GARETH DAVIS と写真家 KLAVDIJ SLUBAN によるクロス・メディア・コラボレーション作品『In Vivo』

GARETH DAVIS & KLAVDIJ SLUBAN / In Vivo (CD/LP)

GARETH DAVIS と写真家 KLAVDIJ SLUBAN によるクロス・メディア・コラボレーション作品『In Vivo』が IIKKI から。

GARETH DAVIS & KLAVDIJ SLUBAN による『In Vivo』。アムステルダムを拠点とするクラリネット奏者で作曲家の GARETH DAVIS と、スロベニアにルーツを持ちフランスに生まれ育った写真家 KLAVDIJ SLUBAN によるクロス・メディア・コラボレーション作品『In Vivo』が IIKKI からリリース。KLAVDIJ SLUBAN が撮影した、主に世界中の刑務所に投獄されたティーンエイジャー達の写真と、メルツバウとも共作し、ポスト・ロックやノイズ・ミュージック界隈でも知られる GARETH DAVIS によるモダン・クラシック音楽による対話。フィールド録音の上を憂いを帯びたクラリネットが大気の様に流れる、慈しみ深いモダン・クラシカル・サウンド。 KLAVDIJ SLUBAN (クラウディ・スルバン) の作品は、国立造形芸術センター[CNAP]、ニセフォール・ニエプス美術館やポンピドゥー・センターなど、フランス国内で数多くコレクションされ世界各地に紹介されています。1997年に東京都写真美術館の企画展に参加し、2016年には京都のヴィラ九条山に滞在し制作を行なっています。 手書きナンバリング入り限定盤。 - CDとヴァイナルがあります。フォーマットを選択しカートに入れてください。 - CD 200 handmade and numbered copies - Vinyl LP 300 numbered copies, black vinyl, silkscreen artwork Tracklist 1. In Vivo I 5:56 / 2. In Vivo II 6:20 / 3. In Vivo III 3:44 / 4. In Vivo IV 6:02 / 5. In Vivo V 8:22 / 6. In Vivo VI 5:36

¥2390-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

人種差別に対する取り組みと連帯を表明した、フリー・ジャズの2枚組コンピレーション『Frijazz Mot Rasisme』

Various / Frijazz Mot Rasisme (2LP)

人種差別に対する取り組みと連帯を表明した、フリー・ジャズの2枚組コンピレーション『Frijazz Mot Rasisme』。

コンピレーション『Frijazz Mot Rasisme』。Smalltown Supersound の「Le Jazz Non Series」の第2弾リリースは、シーンの人種差別に対する取り組みと連帯表明でもある、ノルウェーのコンテンポラリー、アウトサイダーなフリー・ミュージックを収録した2枚組コンピレーション『Frijazz Mot Rasisme』。 タイトルは「Freejazz against racism」と翻訳され、オスロにおける現在のシーンの多様性を表現し、反人種差別への取り組みと、それに対処することへの表明としたコンピレーション。 ここに収録された半分以上に及ぶ女性アーティストから発信されたトラックは、知覚の位相変化も表しており、攻撃的な音楽フォームから脱却し、異なる考えの者を落ち着かせ、啓発するかもしれない方法を提示しています。 Mastered by Lasse Marhaug, Cover by Kim Hiorthøy. Tracklist 1. Marthe Lea Band - Asura 2. Andreas Hoem Røysum og Kalle Moberg - Live at Blowout 3. Joel and the Never-ending Sextet - Oslo 4. Veslemøy Narvesen, Anja Lauvdal og Ellie Mäkelä - Blå Nilen 5. Signe Emmeluth - Untitled 6. Sanskriti Shrestha & Andreas Wildhagen - Eight Hands 7. Deep Thoukus - ZZSC 8. Christian Winther - Bølgebryterstein 9. Propan - Up There 10. Dag Erik Knedal Andersen - Galgeberg 11. Tøyen Fil & Klafferi - Radiolaire 12. Marianna Sangita Angeletaki Røe - Maj Gol 13. Inga Aas - The Transformation of Silence into Language and Action 14. One out of town feat Brian Sandstrom - Sweet Home Christiania 15. Agnes Hvizdalek - Nå 16. Trio Generations - Unfolding 17. Henriette H Eilertsen og Hans Kjorstad - Fola, fola 18. Austgulen, Granli, Halvorsen, Lilja, Scaramuzza, Borge, Alberts - Primary Antibody

¥4290-

オンラインショップで在庫確認 / 購入