JIM O’ROURKE の傑作エレクトロ・アコースティック作品『I’m Happy, And I’m Singing And A 1, 2, 3, 4』がリプレス

JIM O'ROURKE / I'm Happy, And I'm Singing And A 1, 2, 3, 4 (2CD)

JIM O'ROURKE が2009年に Editions Mego からリリースした傑作エレクトロ・アコースティック作品『I'm Happy, And I'm Singing And A 1, 2, 3, 4』。

JIM O'ROURKE の『I'm Happy, And I'm Singing And A 1, 2, 3, 4』。JIM O'ROURKE が2009年に Editions Mego からリリースしたCD2枚組『I'm Happy, And I'm Singing And A 1, 2, 3, 4』。ラップトップ作品『I'm Happy』に未発表音源を収録したCDをプラス。分裂症的ポップ、イカれたミニマリズム、コンクリート・ドラマ、メランコリックな瞑想、そんな言葉が浮かんでは消えるエレクトロ・アコースティック。
試聴用映像
Tracklist 1-1. I'm Happy 11:13 / 1-2. And I'm Singing 8:12 / 1-3. And A 1,2,3,4 21:19 2-1. Let's Take It Again From The Top 4:09 / 2-2. Getting The Vapors 39:02 / 2-3. He Who Laughs 17:57

¥2190-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

KLARA LEWIS のライヴを収録したCDアルバム『Live in Montreal 2018』が再入荷

KLARA LEWIS / Live in Montreal 2018 (CD)

KLARA LEWIS の2018年に行われたライヴを収録したアルバム『Live in Montreal 2018』。

KLARA LEWIS の『Live in Montreal 2018』。Wire や Bruce Gilbert とのプロジェクト「Dome」などで活動してきた英国のベーシスト Edvard Graham Lewis の娘であり、Simon Fisher Turner ともコラボレート作品をリリースしているスウェーデンの女性サウンド・アーティスト KLARA LEWIS の、2018年に行われたライヴを収録したアルバム『Live in Montreal 2018』が Editions Mego よりCDリリース。 ローファイなコーラスのループの渦に様々なリズムとノイズが現れては消える、幻惑のエレクトロ・アコースティック作品。執拗に繰り返される音像の内部から徐々に腐蝕が進み崩壊へと向かい、乾き切り荒廃したディストピアに微かな彩りを添えるようなサウンド・スケープは圧巻です。 Edition of 300 copies, digipak Tracklist 1. Live in Montreal 2018 47' 33''

¥2390-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

FELICIA ATKINSON と JEFRE CANTU-LEDESMA による3作目のコラボレート作品『Un Hiver En Plein Ete』

FELICIA ATKINSON AND JEFRE CANTU-LEDESMA / Un Hiver En Plein Ete (LP)

FELICIA ATKINSON と JEFRE CANTU-LEDESMA による3作目の共作『Un Hiver En Plein Ete』。

FELICIA ATKINSON と JEFRE CANTU-LEDESMA による『Un Hiver En Plein Ete』。Spekk、Home Normal などからのリリースをはじめ、Sylvain Chauveau とのコラボレーションでも知られる、詩人でありフィルムメイカーでもあるフランス人サウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON と、The Alps のメンバーで、Type、Mexican Summer からも作品をリリースしているサンフランシスコの音楽家 JEFRE CANTU-LEDESMA による、「Comme Un Seul Narcisse (2016年)」、「Limpid As The Solitudes (2018年)」に続く3作目となるコラボレート作品『Un Hiver En Plein Ete』。これまでファイルのやり取りで作り上げてきた2人の共作ですが、パンデミックの数ヶ月前の2019年8月、ブルックリンで初めて同じ空間を共有し今作は録音され、翌年に完成しています。 抽象性と叙事性、フィールド・レコーディングとハーモニー、哲学的および現象学的、それらの合流点を模索する2人のアーティスト FELICIA ATKINSON と JEFRE CANTU-LEDESMA による、先の2作の流れにある多面的なエレクトロアコースティックによる詩的なダイアログ。先の2作の流れにある、ポスト・コロナの世界で待っているであろう温もりと親密さを垣間見る極上のアンビエント作品。 Tracklist 1. And All The Spirals Of The World / 2. Quelque Chose / 3. Septembers / 4. Not Knowing / 5. Ornithologie / 6. The Hidden

¥3690-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

米国の地下メールアートと詩の重要人物 JOHN M. BENNETT による初めての作品集『A Flattened Face Fogs Through』

JOHN M. BENNETT / A Flattened Face Fogs Through (CD/LP)

米国の地下メールアートと詩の極めて重要な人物 JOHN M. BENNETT による初めての作品集『A Flattened Face Fogs Through』。

JOHN M. BENNETT の『A Flattened Face Fogs Through』。米国の地下メールアートと詩の極めて重要な人物 JOHN M. BENNETT による初めての作品集『A Flattened Face Fogs Through』。本作『A Flattened Face Fogs Through』は、1986年から1995年に発行された約15時間のカセット録音から、John Also Bennett (JAB) によってセレクトそして配列され、JOHN M. BENNETT の膨大なカタログの魅力的な断面を生み出しています。 ヨレたフルート、マリンバ、コンクリート・テープ、シンセなどの演奏に音響詩をのせた複雑で奇妙な JOHN M. BENNETT のパフォーマンス大要で、ウィリアム・S・バロウズも出演したローリー・アンダーソンの映画「Home Of The Brave」、そしてフルクサス、クルト・シュヴィッタースあたりまでも思い起こす、真に奇怪な作品で、怪盤コレクターの皆様の「奇想の系譜」に是非加えていただきたいビザールな1枚です。心からお薦めします。 JOHN M. BENNETT の様々な出版物は、ワシントン大学、バッファロー大学、オハイオ州立大学、ニューヨーク近代美術館 (MoMA) といった、幾つかのメジャーな施設でコレクションされています。 付属のブックレットには、写真、詩、アートワーク、ライナーノーツなどが載っています。 - CDとヴァイナルあります。フォーマットを選択しご購入下さい。 - CDは6面デジパック。15ページのブックレット付き。 - ヴァイナルには21ページのブックレット (8.5インチx11インチ) 付き。 Tracklist 1. Cake 2. Wire Forcefeet Looming Down 3. The Transmission 4. Autophagia 19 5. No Sax 6. The Drive 7. Garbage at Sea / 8. Bag Talk / 9. Pod King / 10. Last In Line / 11. After The Crown / 12. Cranial Pain / 13. Shirt / 14. Pants / 15. The Blur / 16. Rorrim / 17. The Blur / 18. The Radius / 19. Snuffling It Off / 20. The Shirt The

¥2890-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

Sun City Girls と Life Garden のメンバーによる SQUARE 9 の『Tsunami.2』がヴァイナル再発

SQUARE 9 / Tsunami.2 (LP)

初期 Sun City Girls と Life Garden のユニット SQUARE 9 による、流浪の神秘系エレクトロアコースティック作品『Tsunami.2』が Unrock よりヴァイナル再発。

SQUARE 9 の『Tsunami.2』。Sun City Girls と Life Garden のメンバーによる非常に珍しく実験的なアプローチの演奏で、1991年9月22日にアルゼンチン・ブエノスアイレスのグランドシアターでライヴ録音され、SQUARE 9 の『Tsunami.2』として Majora レーベルより1992年にリリースされたアルバムが Unrock より再発。 Sun City Girls、Life Garden いずれの表現、サウンドとも異なるため □9 (SQUARE 9) と名乗り、メンバーも公表されず当初は誰が録音に関わっていたのかも知られていませんでした。サンシティ・ガールズのレガシーの一部であるとの噂はされていましたが、「真実」は闇の中に残されていました。 特定の楽器をプレーヤーに割り当てられることはなく、様々な楽器、あらゆる打楽器、ピアノ、その他音源… 誰もがそれら全ての楽器を演奏し構築された、没入感ある流浪の神秘系エレクトロアコースティック作品。 オリジナルのヴァイナルでは各面1トラックのプレスでしたが、リマスターされたこのバージョンでは6つのトラックに分割されています。 Performer - Alan Bishop, Charles Gocher, W. David Oliphant, Peter Ragan, Richard Bishop, Su Ling black vinyl edition of 400 copies
試聴用映像
Tracklist A1. Part 1 / A2. Part 2 / A3. Part 3 B1. Part 4 / B2. Part 5 / B3. Part 6

¥3900-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

テキサスの音響検索者 CLAIRE ROUSAY によるカセット作品『17 Roles (All Mapped Out)』

CLAIRE ROUSAY / 17 Roles (All Mapped Out) (Cassette)

テキサスの音響検索者 CLAIRE ROUSAY によるカセットテープ作品『17 Roles (All Mapped Out)』。

CLAIRE ROUSAY による『17 Roles (All Mapped Out)』。MORE EAZE との共作も傑作だった、テキサスの音響検索者 CLAIRE ROUSAY によるカセットテープ作品『17 Roles (All Mapped Out)』。CLAIRE ROUSAY は、テキサス州サンアントニオを拠点とするパーカッショニスト、作曲家、サウンドアーティストで、物とその物体が潜在的に持つ音を使用して、クィアネス、人間の身体性、自己知覚を探求する音響検索者。 本作は間もなくリリースされるという Shelter Press からのアルバムに先駆けたカセットテープ作品で、踏切などドメスティックなざわめきから、微かに華やいだ室内の風景を通り抜け、静かに響き渡るフィールド録音、ボイス・メモ、牧歌的なストリングス、シンセなどのレイヤーが織り成す、脆く壊れやすい世界を包み込むかのような、優しく、どこまでも繊細なエレクトロ・アコースティック作品。次の世界へと繋がるような音の旅へと誘います。これは大傑作。Lucy Railton の作品が好きな方にもお薦めです。 両面、同じトラックで構成されています。マスタリングを Stephan Mathieu が担当。 既にレーベル在庫もないようです。再入荷はありません。 Tracklist A. 17 Roles (All Mapped Out) 24:24 B. 17 Roles (All Mapped Out) 24:24

¥0-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

L’OCELLE MARE による記憶のコラージュのようなアルバム『Sans Chemin』が Shelter Press より

L'OCELLE MARE / Sans Chemin (CD)

Thomas Bonvalet のプロジェクト L'OCELLE MARE による記憶のコラージュのようなアルバム『Sans Chemin』が Shelter Press より。

L'OCELLE MARE の『Sans Chemin』。Thomas Bonvalet によるプロジェクト L'OCELLE MARE のアルバム『Sans Chemin』が Shelter Press より。音楽性からは完全に離れ、パフォーマンスの所作 (引っ掻き、ピッキング、振動) に焦点を合わせ、それらを使用して音楽的作為からは距離を置くように、まるで記憶のコラージュであるかのように作り上げたアルバムです。 やかんが沸騰するようなフルートの響き、ドラムスキンを擦る音、タンバリンのガタガタとした音、ピアノ、46秒の長さのドローンクラスター、リズミカルなギターのタップとノイズの多いデジタル干渉など、それらの持続的なマルチ・ハーモニック・エコーにより現れるエレクトロ・アコースティック。音自体が持つ広大で多様なテクスチャーに魅了される傑作。 Thomas Bonvalet の関心は、音そのものと、それに伴うすべての記憶、文化的な背景、ストーリーテリングにあり、それは Jan Jelinek が扱うサンプルや電子機器と同じで、探索的な興味と興奮から音源を扱います。 Tracklist 1. Flûte, Tambourin, Membrane, Piano Ouvert 2. Telephone, Guitare, Interrupteurs, Membrane 3. Guitare, Scotch de peintre, Noise Gate, Tambourins, Piano Ouvert 4. Orgue, Contrôleur Midi, Tambourins, Guitare 5. 440Hz, Telephone 6. Metronome, Guitare, Scotch De Peintre, Membranes 7. Piano 8. Banjo, Colophane, Interrupteurs 9. Orgue, Guitare, Colophane, Tambourins 10. 333, 328, 325 Hz 11. Ondes, Orgue, Guitare, Metronome Mecanique 12. Guitare Classique, Metronome, Tambourins 13. Piano, Banjo, Orgue, Metronome 14. Eglise, Guitare, Scotch De Peintre, Interrupteurs 15. Flûte De Pan, Tambourins, Membrane, Metronome

¥2350-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

JAN JELINEK によるアルバム『The Raw and the Cooked』

JAN JELINEK / The Raw and the Cooked (LP)

マテリアル変換のプロセスをキャプチャした、JAN JELINEK によるミュージック・コンクレート作品『The Raw and the Cooked』。

JAN JELINEK の『The Raw and the Cooked』。JAN JELINEK がドイツのラジオ・ネットワーク SWR2 からの依頼で制作したラジオ・ドラマ「Vom Rohen und Gekochten」のアルバム・バージョンとしてリリースされたのが本作『The Raw and the Cooked』。ガラスの粉砕、金属を曲げる、木を燃やす様子などを観察し、マテリアル変換のプロセスをサウンドとしてキャプチャし、それら素材の一貫性とその可変性を5つのサウンドコラージュにまとめたものがこのアルバムです。固体、皮を削ぐ、沸騰する、粉末となる、液状化する、壊れる、折りたたまれるなど、常に外部エネルギーに対応して状態が変化する様を捉えたミュージック・コンクレート。 Tracklist 1. The Raw and The Cooked (Zwischen/Raum) 13' 54'' / 2. The Raw and The Cooked (II) 6' 26'' / 3. The Raw and The Cooked (V) 5' 57'' / 4. The Raw and The Cooked (IV) 5' 56'' / 5. The Raw and The Cooked (III) 6' 50''

¥2890-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

PHILL NIBLOCK が Dafne Vicente-Sandoval のファゴットをフィーチャーし作り上げたエレクトロ・アコースティック作品『NuDaf』

PHILL NIBLOCK / NuDaf (CD)

PHILL NIBLOCK が Dafne Vicente-Sandoval のファゴットをフィーチャーし作り上げたエレクトロアコースティック作品『NuDaf』。

PHILL NIBLOCK の『NuDaf』。 NY・ミニマル・ミュージック・シーンを長く支えてきた一人である PHILL NIBLOCK が、Dafne Vicente-Sandoval のファゴットをフィーチャーし作り上げた、65分に及ぶエレクトロ・アコースティック作品『NuDaf』。 PHILL NIBLOCK のオーディオ作品の中で2番目に長尺な本作は、最小限の聴覚効果の中で、音像が微細に振動し繊細に変化する密度の高いテクスチャーに引き込まれるエレクトロアコースティック作品。 PHILL NIBLOCK は1933年10月2日、インディアナ州アンダーソン生まれの作曲家、映像作家。 Phill Niblock 自身がプロデュースとキュレーションを行なっている Experimental Intermedia から派生したレーベル XI Records よりリリース。 Track Listing: 01. NuDaf 1:05:05

¥2180-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

JAMES RUSHFORD が湖面に映る光と影の相互作用からインスピレーションを得たソロ作『Lake From The Louvers』

JAMES RUSHFORD / Lake From The Louvers (LP)

JAMES RUSHFORD が湖面に映る光と影の相互作用からインスピレーションを得たソロ作『Lake From The Louvers』が Shelter Press より。

JAMES RUSHFORD の『Lake From The Louvers』。Black Truffle レベルからのソロ作品の他に、Oren Ambarchi、Kassel Jaeger、Crys Cole、Will Guthrie、Graham Lambkin、Klaus Lang、Joe Talia などとコラボレーション作品を作り上げる注目の音楽家、JAMES RUSHFORD の光と影の相互作用からインスピレーションを得たソロ・アルバム『Lake From The Louvers』が Shelter Press より。 スイスのジュネーブ湖畔にある La Becque のアーティスト・レジデンスで、JAMES RUSHFORD は窓越しに湖面の光を観察しました。これはその風景を正確に表現する音楽ですが、アンビエントとはかけ離れた、忍耐強く注意深く聴く必要のあるサウンドスケープを彫り起こしています。精緻な音の粒子とフィールド音が、湖面の魅力的なきらめきのように反響し増幅され、そして合成されたシンセの騒めき、金属音、ハープなどが波打ち、思考と自己内省を引き起こすように設計されたエレクトロ・アコースティック作品。 Track listing A1. U+25CF A2. Loess A3. Swanswing A4. Hyaline Apples A5. Seiche A6. The Bise B1. Sonde Rosettes B2. Terrace B3. A Boat Of Grass B4. Esker B5. Dents Du Midi

¥3800-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

サウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON による2020年の作品『Echo』が待望のヴァイナル・リリース

FELICIA ATKINSON / Echo (LP)

フランスのサウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON による2020年の作品『Echo』が待望のヴァイナル・リリース。

FELICIA ATKINSON の『Echo』。Spekk、Home Normal などからのリリースをはじめ、Sylvain Chauveau との Roman Anglais、 Elise との Stretchandrelax といったユニットでも知られる、詩人でありフィルムメイカーでもあるフランスのサウンド・アーティスト FELICIA ATKINSON の、2020年にカセットテープでリリースされていたアルバム『Echo』が待望のヴァイナル・リリース。声とフィールド・レコーディングを中心に構成されたエレクトロ・アコースティック作品。 デレク・ジャーマンがイギリスの Dungeness で晩年まで過ごした事に大きな影響を受け、木造のシャレーで作業をするというフェリシア・アトキンソンの、憂いを帯びた静寂なエネルギーが環境音とともに全編にわたり拡がり満ち、儚くも豊かなアンビエンスに包み込まれます。 ダークグリーン・ヴァイナル仕様の500枚限定盤。 Tracklist A1. According to GH 2:22 A2. Hope Alarm 7:28 A3. Muscari 9:11 B1. A Swan 1:29 B2. The Waves 1:20 B3. Lillies 13:47

¥3690-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ELI KESZLER のインスタレーション作品の音源を中心に構成された2枚組CDアルバム『Catching Net』

ELI KESZLER / Catching Net (2CD)

ELI KESZLER のインスタレーション作品の音源を中心に構成され、2012年にリリースされた2枚組CDアルバム『Catching Net』。

ELI KESZLER の『Catching Net』。ELI KESZLER 自身が主宰するレーベル Rel Records からリリースされた「Cold Pin」を含む、ピアノ線に振動するデバイスを取り付けたサウンド・インスタレーション作品の音源を中心に構成されたアルバム『Catching Net』。2012年に Pan レーベルから2枚組CDでリリース。 その単独インスタレーション音源の他に、インスタレーションと Eli Keszler (drums, percussion, crotales, guitar)、Ashley Paul (alto saxophone, bass harp)、Geoff Mullen (prepared guitar)、Greg Kelley (trumpet)、Reuben Son (bassoon)、Benny Nelson (cello)、Sakiko Mori (piano) とのアンサンブルも含まれています。 Phill Niblock、Roscoe Mitchell、Joe McPhee、Loren Connors、Jandek、Laurel Halo とのコラボレートや、Oneohtrix Point Never と共にしたツアーでも注目を集める、ニューヨークを拠点に活動する作曲家、マルチメディア・アーティスト ELI KESZLER。作品の質感により ELI KESZLER は電子音楽家と捉えられることも多いようですが、ドラムセットとアコースティック・パーカッションを主体に、様々なテクスチャーをジャズアンサンブルのように複雑に絡めあげ、独自のサウンドスケープを構築するパーカッショニストでもあります。これまでに、Empty Editions、ESP Disk、PAN、Shelter Press といった先鋭的なレーベルから素晴らしいリリースを重ねています。 シルクスクリーン印刷が施された厚手のビニールカバー付き。
試聴用映像
試聴用映像
Tracklist 1-1. Cold Pin 1 13:10 1-2. Cold Pin 2 14:19 1-3. Cold Pin 3 (Ensemble) 25:35 2-1. Catching Net (String Quartet, Piano And Installation) 16:27 2-2. Cold Pin (Installation Recording) 13:19 2-3. Collecting Basin (Shreveport, LA) 10:00

¥2450-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

音楽療法士および折衷的作曲家の NIRODH が1988年にカセットでプライベートにリリースした『Suoni Immaginari』が再発

NIRODH / Suoni Immaginari (CD/LP)

音楽療法士および折衷的作曲家の NIRODH こと AGOSTINO NIRODH FORTINI が1988年にカセットでプライベートにリリースした『Suoni Immaginari』が再発。

NIRODH の『Suoni Immaginari』。30年以上に渡りボディセラピーや瞑想に適用されるサウンドとビデオの専門家として活動する、音楽療法士および折衷的作曲家の NIRODH こと AGOSTINO NIRODH FORTINI が1988年にカセットテープのみでプライベートにリリースした『Suoni Immaginari』が、Black Sweat Records よりCDとヴァイナルで再発。 音楽療法の分野で活動する以前の80年代初頭、先駆的なレーベル Sound Reporters の時代に AGOSTINO NIRODH FORTINI は、Walter Maioli そして Fred Gales との緊密なコラボレーターでした。本作では、キーボードとエスニックなフィールド・レコーディングで構成された、時代に先駆けたサウンドを構築していて、ブライアン・イーノとジョン・ハッセルにも近い質感、アンビエンスを持った幻想的シンフォニーを作り上げています。傑作です。 - CDとヴァイナルがあります。フォーマットを選択しカートに入れて下さい。 Tracklist 1. Sphere 1 04:40 / 2. Sphere 2 05:00 / 3. Sphere 3 02:56 / 4. Sacrifice 03:02 / 5. Near Falls 04:31 / 6. Aquatic Round 02:55 / 7. To The Moon 05:18 / 8. Dreams And Strings 03:35 / 9. Rings Of Sound 02:58 / 10. Market Place 04:01 / 11. Night Freeways 03:20 / 12. Computers Forms 04:07

¥2580-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

瞑想音楽の巨匠とも言われる ARIEL KALMA のアーカイヴ・コレクション第2弾『French Archives Vol. 2 (1974-1985)』

ARIEL KALMA / French Archives Vol. 2 (1974-1985) (4LP Box)

瞑想音楽の巨匠とも言われる ARIEL KALMA のアーカイヴ・コレクション第2弾『French Archives Vol. 2 (1974-1985)』が Black Sweat Records から4枚組ボックスでリリース。

ARIEL KALMA のアーカイヴ・コレクション第2弾『French Archives Vol. 2 (1974-1985)』。本作は1974年から1985年に録音されたもの収録し、GRM 時代であろう音源も含む4枚組ボックス・セット。Black Sweat Records からのリリース。 Ariel Kalma 50年代のフランス・パリに生まれ育った ARIEL KALMA は、フリージャズや現代音楽が土着的な色合いを増す1970年代半ばに、片道キップでインドへ渡り、初歩的なインド古典音楽を学び、瞑想的な音楽とドローン音楽への興味を深めました。帰国後の1975年には、ミュージック・コンクレートの創始者であるピエール・シェフェールとピエール・アンリにより創設された、フランス「Institut National Audiovisuel, Groupe de Recherches Musicales (INA GRM)」の技術スタッフとして働き、ファースト・アルバム「Le Temps des Moissons」は INA GRM 時代に自主制作されたものです。そんな確かな経歴が裏付ける圧倒的な完成度と、自由奔放なアイディアが交差するサウンドは、時を伴った抽象芸術とも言えます。 The new magic compendium of Ariel Kalma: a box with 4Lp, including different coloured inner sleeves, a large booklet with credits and beautiful unreleased photos, illuminating perfectly the depth of his traveling soul. Few, like Ariel, have really been able to dedicate their life to a tireless experimentation in music. In according to a subtle plot, between his experiences in the World and the restitution of them, he has always found multifaceted combinations of sounds. Kalma uses anything that can stimulate his impressions, expanding his action without boundaries: church bells, dilated flutes, tape machine, drum machine, Revox loops, Flanger, reverberations, War drums, modular and wasp synth, Yamaha Ps.20, Farfisa. etc. Through the 4Lp of the collection, his mind undergoes significant changes, almost corresponding to 4 different moments or states of consciousness. In Delirium GRM he paints his personal dark side of the Trip, operating for crazed de-temporalizations and de-specializations: obsessive hallucinations, wastelands of spectral visions, fractals of darkness or alien caverns. Conversely, in Dream Stars, the galactic ascension (Schulze/Ash Ra Temple) becomes happy and luminous in its take-off and landing phases. The cosmic electric-Gnawa, in Rue De la Gaite, reveals an even more calm spirit, with amazing stylistic intersections between India, Turkey and Morocco, and makes use of some exceptional guests including Loy Ehrlich (Hadouk Trio). Kula Confidential translates the vibes of his journey on the island of Maui, between mantra sax and ocean waves, memories of primitive and ancient populations and silent archaeological atmospheres. Tracklist Disc 1 - Delirium GRM 1. Envoles Toi 00:55 / 2. Drum Machinery 05:33 / 3. Le Principe Est Tres Beau 01:05 / 4. Delire Et Rire 03:08 / 5. Oui Ah 07:05 / 6. Anigongmo 04:04 / 7. Delirium GRM 03:37 / 8. Delirium Animalum 06:31 / 9. Delirium In The Forest 03:03 / 10. Environ Espace 2 03:42 / 11. Bruissements 01:52 / 12. Futur Shaman 05:33 Disc 2 - Dream Stars 13. Dream Stars 21:24 / 14. Au Coeur Du Reve 09:10 / 15. Soleil Vert 05:56 / 16. Atterrissage 03:09 Disc 3 - Kula Confidential 17. Kula Wasp Yamaha 21:48 / 18. Dakini Voices 03:13 / 19. Ballade En Sax Mineur 05:32 / 20. INAmix 09:17 / 21. War Drum Peace Flute 01:55 / 22. Eco Sax 03:37 Disc 4 - Rue De La Gaite 23. Rue De La Gaite 06:46 / 24. Ravajaman 04:46 / 25. Salam Paix Peace 04:59 / 26. Harmony Om 04:41 / 27. Montparnasse Morocco 04:13 / 28. Sand And Wind 21:43

¥8750-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ARIEL KALMA のアーカイヴ・コレクション第1弾『French Archives (1977-1980)』

ARIEL KALMA / French Archives (1977-1980) (4LP Box)

Black Sweat Records から4枚組ボックスでリリースされた ARIEL KALMA のアーカイヴ・コレクション『French Archives (1977-1980)』。

ARIEL KALMA のアーカイヴ・コレクション『French Archives (1977-1980)』。本作は1977年から1980年に録音されたものを収録した4枚組ボックス・セット。2017年に Black Sweat Records からリリースされました。第2弾もリリースされました。 Ariel Kalma 50年代のフランス・パリに生まれ育った ARIEL KALMA は、フリージャズや現代音楽が土着的な色合いを増す1970年代半ばに、片道キップでインドへ渡り、初歩的なインド古典音楽を学び、瞑想的な音楽とドローン音楽への興味を深めました。帰国後の1975年には、ミュージック・コンクレートの創始者であるピエール・シェフェールとピエール・アンリにより創設された、フランス「Institut National Audiovisuel, Groupe de Recherches Musicales (INA GRM)」の技術スタッフとして働き、ファースト・アルバム「Le Temps des Moissons」は INA GRM 時代に自主制作されたものです。そんな確かな経歴が裏付ける圧倒的な完成度と、自由奔放なアイディアが交差するサウンドは、時を伴った抽象芸術とも言えます。 Another indispensable compendium of the great french experimental artist's musical opera. With this 4 LPs of archival materials Ariel Kalma ideally retrace the map of his own path and spiritual journey during the '70s. Some of music contained in Sarasvati Planet Ariel, Planet Air, Ascend Descend and Astral Cathedral are born as sound environments for group therapy sessions that carrying healing, trance and relaxation. The occult and arcane music of Kalma awakens consciousness, expands chakras, sculpts memory indelibly, seems to encompass all the emotional aspects of the Universe and brings us back to the archetypal moments of Creation. What impresses is the variety of atmospheric stimuli, the richness source of inspiration and compositional mastery. The solemn, triumphal and liturgical, meditative and ascending tone of celestial chapel organs and harmonium, the darkness of Farfisa and Yamaha Ps-30 lunar and spectral sequences, the exotic oriental breath of circular dances transfigured and dissolving by the specular shapes of the Wasp Synth... everything converges to the purity abyssal of eternity sound. The melodic and harmonic phrases of sax always reveal a deep song, while the solar blow of flute gives elegiac moments of Debussyan flavor as bucolic recalls of fauns from Edens lost. We are struck by equinoxial and solstitial lights, in perfect balance between flares and shadows, Nature and galactic procession. Kalma's sensitive Ear is expressionist, almost a possible scenario for astral architectural utopias of visionaries such as Hablik, Taut, Steiner or Poelzig; it absorbs and re-reads in a personal way some insights of the cosmic psychedelia of the early ‘70s such as K. Schulze, Heldon, Tangerine Dream, Popol Vuh. Tracklist Disc 1 - Sarasvati Planet Ariel A1. Planet Ariel 6:42 / A2. Pas Ternelle 12:43 B1. Star Juggler 2:58 / B2. Flamadanse 5:38 / B3. Sarasvati Planet 9:00 Disc 2 - Planet Air (Full Version) C. Part 1 19:34 D. Part 2 19:18 Disc 3 - Ascend Descend E. Entrance K7 19:04 F1. Slow Space Rumba 12:52 / F2. White Space 2:10 / F3. Space Morse 2 2:10 Disc 4 - Astral Cathedral G1. Force Et Courage 7:11 / G2. Slow Trancing 2:29 / G3. Out Of Breath 6:58 H1. Ajna Vision 8:29 / H2. Saint Julien Harmo Flute 4:02 / H3. Planet Air Variation 6:57

¥8750-

オンラインショップで在庫確認 / 購入