Charles Ives Singers, eternal calamity, Yoshihiro Kikuchi, Mark Sadgrove | Live

 

Charles Ives Singers, eternal calamity, Yoshihiro Kikuchi, Mark Sadgrove | Live

2018.9.23 sun
at STORE15NOV
Open 18:00 / Start 18:30
1,000yen
 
Charles Ives Singers
eternal calamity
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi
マーク・サッドグローブ | Mark Sadgrove
 
 
Charles Ives Singers (from Australia)
チャールズ・アイヴズ・シンガーズは、美術家として著名なVictor Meertens、Alexis Ensor、David Palliserの3名によって1992年に結成された。彼らは生きることの密やかさに信頼をおいているため、技術の習熟を目的とした練習をせず、また各演奏会で何をするかの計画を立てない。また、コンサートで失敗するために万全な準備をし、時折、実際に失敗へ近づく。発される音同士を構築することの訓練をしないでおくこと、それを彼らは神聖な祈りとその恩恵とみなす。彼らは、そのアマチュアリズムを自らに宿る特別な資質として、またそれに伴う直観を非論理的な同調として評価・実践する。
(The The Charles Ives Singers bandcamp より引用 訳:菊地良博)
 
———
 
eternal calamity
澁谷浩次 (yumbo) による最新ソロ・プロジェクト。参加メンバーは流動的で、その都度曲のアレンジが変わる。今回のメンバーは澁谷のほか、佐藤ゆか (inochi)、皆木大知 (inochi/yumbo)、相原洋、Mark Sadgrove。
 
———
 
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi
美術家/実験音楽家
ソロではコンピュータによるアブストラクトな電子音響を、コンポーザー Daniel Vujanic との Graves And Orchestra Pits ではドゥーム/ブラックメタルをモチーフにした極度に折衷主義的なポストロックを制作し、その2つを主軸としつつ Bryan Lewis Saunders, Anla Courtis, Vomir/Roro Perrot, Sebastien Borgo など、世界中の先鋭的なアーティストとの共作を行っている。 
美術家としては、現代美術の作家として国内外で個展を開催し、同じく国内外でグループ展・アートフェアへの出品を多数行っている。
 
———
 
マーク・サッドグローブ | Mark Sadgrove
1978年ニュージーランド・オークランド生まれ。2000年代前半、オークランドの“風変わりな”音楽シーンで活動後、2006年日本に拠点を移す。以降は自作楽器でのソロ演奏や、バンド Greymouth、The Mysteries of Love のメンバーとしての活動に注力している。これらのプロジェクトは Quemada、Albert’s Basement、Emerald Cocoon といったレーベルからリリースされている。また自身のレーベル “abd” から7インチレコードや lathe-cut をリリースしている。
 
 
主催・企画 - Mark Sadgrove

Homemade vol.3

フライヤーデザイン: Eunice Luk

 

Homemade vol.3

ストア・ジューゴノヴ店内で行われる小さなイベント『Homemade』の第3回目。

会場: STORE 15NOV
日時: 2016年12月17日(土)  開場: 19 :00 / 開演: 19:15
入場料: 1,000yen

出演:
白丸たくト(山形)
Coupie
Masahiro Takahashi

白丸たくト
2014年2月、1stカセットアルバム「F.O.U!」を自主レーベル “TRIP CHILDS RECORDINGS” からリリースすると共に活動開始。現在までにカセットテープ3本、CDRを1枚をリリース。ライブではオオルタイチ+ウタモ、マイカルブテ、PIKA☆、Buffalo Daughter との共演を果たしている。2016年より拠点を関西から山形に移し、現在は山形市中心市街地にあるシェアアパート「ミサワクラス」にてオルタナティヴスペース “TRIP CHILDS LIVINGROOM” を運営中。また「山形ビエンナーレ2016」では画家・絵本作家ミロコマチコの展示【あっちの目、こっちの目】にて会場の音楽を担当する。

Coupie
2008年 仙台在住の cobi と石巻在住の yukki により結成。楽器はアコースティック、ガットギターを中心に、小物楽器やエフェクトを使いその場に漂う空気を音に変換させ展開していく独自の手法で演奏する。着飾らない自然体で空間とも会話するように音を紡ぎ独自の音を展開している。2009年に涼音堂茶舗より1st album 『La Melodioj dela Orientonordo~東北からの旋律』をリリース。yukki が2011年3月11日に発生した東日本大震災で津波被災。生活の再建から地域文化の復興、支援活動を優先し一時ライブ活動を休止し、2015年に活動再開。 電子音楽のイベントや舞踏の演出内での演奏など、東北の文化土壌を礎に様々な方面での活動をしている。

Masahiro Takahashi
バンクーバー Kingfisher bluez より『Before Gender,Language, and Definition(7″)』、モントリオール Jeunesse Cosmique より『Retreat(CD)』リリース。2016年原宿 “Vacant” での Eunice Luk 個展「でんでん虫の殻の中」へ音楽提供。

 
 
オーガナイズ : UHIRA UHIRA

Homemade vol.2

homemade-2

Homemade vol.2

ストア・ジューゴノヴ店内で行われる小さなイベント『HOMEMADE』の第2回目。

会場: STORE 15NOV
日時: 2016年10月8日(土)  開場: 19 :00 / 開演: 19:15
入場料: 1,000yen

Horacio Pollard (UK)
Horacio Pollard はひどく不快な、しかしそれでいて恍惚を催す、えぐり出された不潔なスラップ・ ベース、ヴァギナ調のハーモニカ、そして因習無視の催眠的なグルーブで満たされた濁った打撃による―エロティックなキューブリック流の S F 的悪夢における死界を漂う、宇宙的な腹部膨満 がもつ憤激のような―雪崩をお届けする。彼の音源は、Noxagt, Sightings, Ultralyd のホームでもある Drid Machine (ノルウェー) からリリースされている。(本人プロフィールより|訳:菊地)

佐藤貴宏 | Takahiro Sato
山形県生まれ 映像作家/アーティスト
初期の実験的な映画制作から最近はビデオアート的なアプローチに移行している。サウンド面では仙台の不定期開催「ひどいイベント」でライブパフォーマンス、DJ を行っている。

菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi
美術家/音楽家
ソロではコンピュータによるアブストラクトな電子音響を、コンポーザー Daniel Vujanic との Graves And Orchestra Pits ではドゥーム/ブラックメタルをモチーフにしたエクレクティック なポストロックを制作し、その 2 つを主軸としつつ、Bryan Lewis Saunders, Anla Courtis, Sebastien Borgo, Vomir/Roro Perrot など、世界中の先鋭的なアーティストとの共作を行っている。 美術家としては、現代美術のフィールドで、数々の個展の他、国内外でのグループ展、アートフェアへの出品を多数行っている。

 

オーガナイズ – Yoshihiro Kikuchi