電子音楽、実験音楽シーンに重要で多様なレガシーを残した PETER REHBERG が、GRM との交流の中で残した2つの音源を収録したヴァイナル『at GRM』

PETER REHBERG / at GRM (LP)

電子音楽、実験音楽シーンに重要で多様なレガシーを残した PETER REHBERG が、GRM との交流の中で残した2つの音源を収録したヴァイナル『at GRM』。

PETER REHBERG の『at GRM』。Mego (後に Editions Mego) を主宰し、現在の電子音楽、実験音楽シーンに重要で多様なレガシーを残し、2021年に惜しくも他界した PETER REHBERG が、GRM との交流の中で残した2つの音源を収録したヴァイナル『at GRM』が Portraits GRM よりリリース。 Aサイドに収録されているのは、2009年3月15日にメゾン・ド・ラジオ・フランスで行われた最初のコンサートであり、GRM との最初のコラボレーションでもあります。これが長く実りある交流の始まりでした。ここではラップトップのみで演奏され、グリッチなどあらゆる電子ノイズをマリネし蒸発させた後に現れるオルガン的ドローンの響きに心奪われます。 Bサイドに収録されているのは、2回目のコンサートで7年後の2016年3月6日に行われました。この時はモジュラーシンセにより演奏され、より複雑に深化した電子雑音のうねりが圧巻です。 この2つのコンサートで印象的なのは、PETER REHBERG の独特な音楽的感性と「文法」が楽器を超えて聴こえてくることです。そして、瓦解、崩壊、溶解の果てに現れる、研ぎ澄まされ静かに浮上する音像は PETER REHBERG の肖像そのもののように映ります。 Live performances by Peter Rehberg at le Centquatre-Paris for INA grm’s Presences electronique festival, recorded on March 15, 2009, and March 6, 2016. Mastered by Giuseppe Ielasi Cut by Andreas Kauffelt at Schnittstelle, Berlin Photo by Magdalena Blaszczuk Sleeve design by Stephen O’Malley Tracklist A. at GRM (2009) (21:24) B. at GRM (2016) (17:33)

¥3780-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

PIERRE BASTIEN の未来から過去を串刺しにし混沌としたエキゾチカ・アルバム『Sonic Folkways』が Discrepant から

PIERRE BASTIEN / Sonic Folkways (LP)

PIERRE BASTIEN の未来から過去を串刺しにし混沌としたエキゾチカ・アルバム『Sonic Folkways』が Discrepant から。

PIERRE BASTIEN の『Sonic Folkways』。Nu Creative Methods としても知られるフランスの即興多重楽器奏者 PIERRE BASTIEN。Discrepant からの前作「The Mecanocentric Worlds Of Pierre Bastien」では、自動演奏機「Mecanium」をオーケストラの中心に据えましたが、本作『Sonic Folkways』では、ホーン、ゴングからカスタネット、マラカスまで、世界中から楽器を集めて、未来からの強い光で過去を突き刺したような、ユニークで混沌としたエキゾチカ・アルバム。500枚限定。 Robert Wyatt、Jaki Liebezeit とも共作し、エイフェックス・ツインが主宰するレーベル Rephlex からも3枚のアルバムをリリースするなど、前衛および即興音楽ファンからエレクトロニカ・ファンまでをも虜にしています。 Tracklist 01. Aha! 3' 58'' / 2. Moor's Room 12' 27'' / 3. Rasta Tsar 2' 12'' / 4. Pan's Nap 12' 18'' / 5. Râ, Jaw Ajar 5' 35''

¥3690-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

Christoph Heeman (H.N.A.S.) と Andrew Chalk (Elodie、Ora) によるデュオ MIRROR が2020年にリリースしたアルバム『Some Days It Rains All Night』

MIRROR / Some Days It Rains All Night (LP)

Christoph Heeman (H.N.A.S.、Mimir) と Andrew Chalk (Elodie、Ora) によるデュオ MIRROR が2020年にリリースしたアルバム『Some Days It Rains All Night』。

MIRROR の『Some Days It Rains All Night』。Christoph Heeman (H.N.A.S.、Mimir) と Andrew Chalk (Elodie、Ora) によるデュオ MIRROR が、前作から15年ぶりとなる2020年にリリースしたアルバム『Some Days It Rains All Night』。Timo Van Luijk、Vikki Jackman が参加。静寂な漆黒の空間から微かなコントラストを帯び、音が静かに沸き立つような感覚は鳥肌モノです。 Second edition second edition of 200 copies on black vinyl. Tracklist Side 1. Some Days It Rains All Night (21:16) Side 2. Some Days It Rains All Night (19:31)

¥2950-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ENHET FOR FRI MUSIK の傑作アルバム『Dokument 1: Improvisationer Och Bandmusik For Vilt Dansande Sjalar』ヴァイナル再発

ENHET FOR FRI MUSIK / Dokument 1: Improvisationer Och Bandmusik For Vilt Dansande Sjalar (LP)

ENHET FOR FRI MUSIK のアルバム『Dokument 1: Improvisationer Och Bandmusik For Vilt Dansande Sjalar』ヴァイナル再発。

ENHET FÖR FRI MUSIK の『Dokument 1: Improvisationer och bandmusik för vilt dansande själar』。この2010年代にスウェーデンのアンダーグラウンドから出現した ENHET FOR FRI MUSIK による、酩酊感にドップリと浸かったローファイでジャンクなドロドロのサイケデリック・フォーク・アルバム『Dokument 1: Improvisationer Och Bandmusik For Vilt Dansande Sjalar』。70年代のサイケデリックと、80年代の CUIRRENT 93 などのリチュアルなインダストリアル、そして90年代のロー・ファイ、それらの亡霊が奏でているようでもあり、今ならではな空気も併せ持つ素晴らしいサウンドです。もう大・大・大推薦!!サイコー!! Holidays Records から2015年に150枚限定リリースされた大傑作が、Aguirre Records から待望の再発。 *既にレーベル在庫はなく、再入荷困難です。 Tracklist A1. På Väg Hem... / A2. Improvisation / A3. Vaggvisa / A4. Det Lilla Som Finns Kvar Inom Oss / A5. Jorden / A6. Den Stig Vi Vandrar På B1. Nattfjäril / B2. Vilsen / B3. Mot En Strålande Framtid... / B4. Gnagande Känsla / B5. Häng Svinen Högt

¥3780-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

AKOS ROZMANN の1989年から2004年の間に制作された12のエレクトロ・アコースティック作品を7枚のCDに納めたボックス『Mass / Massa』

AKOS ROZMANN / Mass / Mässa (7CD box)

AKOS ROZMANN の1989年から2004年の間に制作された12のエレクトロ・アコースティック『Mass / Mässa』。

AKOS ROZMANN の『Mass / Mässa』。Ákos Rózmann の『Mass』は、1989年から2004年の間に自身のスタジオとストックホルムの EMS で制作された12のエレクトロアコースティック・コンポジションで構成された7時間に及ぶ長編作品。 ローマ・カトリック教会のミサにおける「キリエ - kyrie」(あわれみの賛歌)、「グローリア - gloria」(栄光の賛歌) に対する、AKOS ROZMANN 独自の視点により創り上げられた巨大なフレスコ画とも言える圧巻の作品。現代音楽からコアなノイズ・ファンにまで激しくお薦めする7枚組ボックス。 1970年代後半からストックホルムで実験的な電子音楽を制作してきたオルガン奏者 Ákos Rózmann。元々はストックホルムにあるカトリック大聖堂のオルガン奏者として長年働いていた彼が、Pierre Henry に強い影響を受けて電子音楽の世界へと傾倒し、初期のいくつかの作品を除き、エレクトロアコースティック作品のみを作曲しています。 EDITIONS MEGO 傘下で、Stephen O’Malley が監修するレーベル Ideologic Organ から。 Composed & produced by Ákos Rózmann Project concept, curation & art direction: Stephen O’Malley Ákos Rózmann archivist: Mats Lindström Ears and eyes on the project: Mats Erlandsson Project consultation: Viveca Servatius Mastering by Stephan Mattieu / Schwebung Spring 2021 Booklets design: Lasse Marhaug Artwork: Hilma af Klint, courtesy of the Hilma af Klint Foundation Hardcover slipcase with a pull ribbon, incl. 12 and 20 pages booklets Tracklisting Disc 1 1. Kyrie eleison / Orgelstycke IV 30' 14'' / 2. Gloria I / Orgelstycke V 26' 50'' / 3. Gloria I / Orgelstycke VI (Nocturne i silver och dans) 17' 06'' Disc 2 1. Intermezzo 13' 45'' / 2. Gloria I (continued) / Orgelstycke VII/1 57' 58'' Disc 3 1. Gloria I (continued) / Orgelstycke VII/2 43' 30'' Disc 4 1. Gloria I (continued) / Orgelstycke VII/3 60' 50'' Disc 5 1. Gloria II / Domine Deus 58' 05'' Disc 6 1. Gloria III / Del 1 19' 33'' / 2. Gloria III / Del 2 17' 07'' / 3. Gloria III / Del 2 31' 23'' Disc 7 1. Gloria IV 70' 15''

¥7290-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート『涙 (La Grima) 完全版』が待望のヴァイナル・リリース

高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート / 涙 (La Grima) 完全版 (LP)

高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート『涙 (La Grima) 完全版』が待望のヴァイナル・リリース。

高柳昌行 ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート『涙 (La Grima) 完全版』(Takayanagi Masayuki New Direction for the Art / Complete 'La Grima') は、1971年8月14日、三里塚の「幻野祭」において演奏されたものの完全版を収録。この演奏は『幻野』というオムニバスLP (2004年にCD化) に演奏の冒頭約6分間が収録されていましたが、このヴァイナルはそれを増補する完全版となります。 オープニングでの高柳のMCに対する、観客の嘲笑と冷やかしを断ち切るように、激しく痙攣した怒濤の演奏が始まる。演奏中はさまざまな物が演奏者に投げつけられたが、高柳たちは演奏を止めることはなかった。演奏終了後は「帰れ!帰れ!」のブーイングの嵐 ... 。 リリースに際し、ていねいにミックスを施してからマスタリングが行われています。その結果、ニュー・ディレクション・フォー・ジ・アート結成直後の集団投射「涙」がより生々しく蘇りました。 写真は当時、三里塚の現場で写真を撮っていた石黒健治氏のスクラップブックによるもので、高柳昌行の姿が小さく発見できる貴重なショットも含まれています。 Tracklist CD - ''La Grima'' (「涙」) 41:45 Vinyl - 1. La Grima Part I 21' 15'' / 2. La Grima Part II 20' 40''

¥4180-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ALEJANDRO MORSE のシンフォニックなエレクトロ・アコースティック作品『Stonewalling』

ALEJANDRO MORSE / Stonewalling (Cassette+DL)

ALEJANDRO MORSE のシンフォニックなエレクトロ・アコースティック作品『Stonewalling』。

ALEJANDRO MORSE の『Stonewalling』。Edgar Medina によるアンビエント、ドローン・プロジェクト ALEJANDRO MORSE のカセットテープ作品『Stonewalling』。ギターとマイク・フィードバック、オシレータ、およびフィールド・レコーディングにより生成されたシンフォニックなエレクトロ・アコースティック。 本作は、メキシコ映画の黄金時代に、それらの映画では音楽がコミュニケーションのツールとして使用されていたことにインスパイアされ作り上げられた、コミュニケーションについてのアルバムです。 100部限定。ダウンロードコード付き。 Tracklist 1. A Mystery Manifested 6' 16'' / 2. I'm Becoming In Everything You Want 7' 20'' / 3. Ghosthing Me Out 6' 55'' / 4. Breadcrumbs 7' 03'' / 5. Stonewalling 9' 03'' / 6. Don't Let Me Down This Time 8' 08''

¥1950-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

KLARA LEWIS のライヴを収録したCDアルバム『Live in Montreal 2018』が再入荷

KLARA LEWIS / Live in Montreal 2018 (CD)

KLARA LEWIS の2018年に行われたライヴを収録したアルバム『Live in Montreal 2018』。

KLARA LEWIS の『Live in Montreal 2018』。Wire や Bruce Gilbert とのプロジェクト「Dome」などで活動してきた英国のベーシスト Edvard Graham Lewis の娘であり、Simon Fisher Turner ともコラボレート作品をリリースしているスウェーデンの女性サウンド・アーティスト KLARA LEWIS の、2018年に行われたライヴを収録したアルバム『Live in Montreal 2018』が Editions Mego よりCDリリース。 ローファイなコーラスのループの渦に様々なリズムとノイズが現れては消える、幻惑のエレクトロ・アコースティック作品。執拗に繰り返される音像の内部から徐々に腐蝕が進み崩壊へと向かい、乾き切り荒廃したディストピアに微かな彩りを添えるようなサウンド・スケープは圧巻です。 Edition of 300 copies, digipak Tracklist 1. Live in Montreal 2018 47' 33''

¥2390-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

HIMUKALT の2018年にカセットテープでリリースされた『Between My Teeth』がヴァイナル・リリース

HIMUKALT / Between My Teeth (LP)

HIMUKALT の2018年にカセットテープでリリースされた『Between My Teeth』がヴァイナル・リリース。

HIMUKALT の『Between My Teeth』。2018年に Several Minor Promises よりカセットテープでリリースされていた、女性雑音音楽家 Ester Kärkkäinen によるプロジェクト HIMUKALT のアルバム『Between My Teeth』が、Helen Scarsdale Agency よりヴァイナル・リリース。原始的で腐食したリズムを基盤に縫合された、狂気を孕んだザラついたノイズと暗黒の音波が、Genocide Organ や Atrax Morgu に匹敵する荒涼としたインダストリアル・ノイズを形成。張り詰めた空気が全編を支配する圧倒的アルバム。強力です。これはお薦めです。 James Plotkin によってリマスターされ、Ester Kärkkäinen によるゼロックス・コラージュが12ページにわたり載った、12インチ・サイズの16ページ冊子入り。 Includes a 16-page, 12x12'' booklet of collaged xerography. Tracklist A1.Cataclysm / A2. She Went Mad / A3. I No Longer Belong B1. Mine / B2. In Every Stage Of This Oppression / B3. Not Proper

¥2950-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

JOHN DUNCAN による静寂感を伴い繊細に作り上げた歌ものアルバム『Soft Eyes』が300枚限定でヴァイナル・リリース

JOHN DUNCAN / Soft Eyes (LP)

JOHN DUNCAN による静寂感を伴い繊細に作り上げた歌ものアルバム『Soft Eyes』が300枚限定でヴァイナル・リリース。

JOHN DUNCAN の『Soft Eyes』。実験音楽集団 Los Angeles Free Music Society (LAFMS) のメンバーに名を連ねる、境界を押し拡げる前衛音楽家 JOHN DUNCAN による、分断された時間においてのソーシャルと親交に関する観察から作り上げられたコンセプト・アルバム。トライバルなリズム、ドローン、ジョン・ダンカンの陰りある味わい深いヴォーカルで構築された、時代を超え忘れがたく美しいソング・クラフト。本作でも石橋英子が参加しています。300枚限定ヴァイナル。 Scott Walker、灰野敬二、Jandek、Tom Waits、Mark Lanegan などのファンもお聴き逃しなく。 Tracklist 1. The Rabid Position 2. Say No 3. The Decrepit Decision 4. Arid 5. Homecoming 6. Foreplay 7. Frenzy 8. Soft Eyes 9. Resolve 10. Reminiscence 11. The Beautiful Attempt

¥3380-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

PIERRE HENRY による美術家 Jacques Villeglé へのトリビュート作品『Un Monde Lacere』

PIERRE HENRY / Un Monde Lacere (LP)

PIERRE HENRY による美術家 Jacques Villeglé へのトリビュート作品『Un Monde Lacere』。

PIERRE HENRY による『Un Monde Lacere』。ミュージックコンクレートの生みの親とも言われる Pierre Schaeffer の弟子にあたり共に活動を行ってもいた、ミュージックコンクレートの重要人物 PIERRE HENRY の未発表作品で、切り裂かれたポスターなどを使ったみくすミクストメディアによるコラージュ作品で知られる美術家 Jacques Villeglé へのトリビュート作品『Un Monde Lacere』が、フランスの Transversales Disques よりリリース。コラージュ的に構成されたミュージック・コンクレート。とても面白い作品です。 Tracklist: A1. Un monde lacere - Part 1 - 22'49" B1. Un monde lacere - Part 2 - 23'22"

¥3650-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

ELI KESZLER のインスタレーション作品の音源を中心に構成された2枚組CDアルバム『Catching Net』

ELI KESZLER / Catching Net (2CD)

ELI KESZLER のインスタレーション作品の音源を中心に構成され、2012年にリリースされた2枚組CDアルバム『Catching Net』。

ELI KESZLER の『Catching Net』。ELI KESZLER 自身が主宰するレーベル Rel Records からリリースされた「Cold Pin」を含む、ピアノ線に振動するデバイスを取り付けたサウンド・インスタレーション作品の音源を中心に構成されたアルバム『Catching Net』。2012年に Pan レーベルから2枚組CDでリリース。 その単独インスタレーション音源の他に、インスタレーションと Eli Keszler (drums, percussion, crotales, guitar)、Ashley Paul (alto saxophone, bass harp)、Geoff Mullen (prepared guitar)、Greg Kelley (trumpet)、Reuben Son (bassoon)、Benny Nelson (cello)、Sakiko Mori (piano) とのアンサンブルも含まれています。 Phill Niblock、Roscoe Mitchell、Joe McPhee、Loren Connors、Jandek、Laurel Halo とのコラボレートや、Oneohtrix Point Never と共にしたツアーでも注目を集める、ニューヨークを拠点に活動する作曲家、マルチメディア・アーティスト ELI KESZLER。作品の質感により ELI KESZLER は電子音楽家と捉えられることも多いようですが、ドラムセットとアコースティック・パーカッションを主体に、様々なテクスチャーをジャズアンサンブルのように複雑に絡めあげ、独自のサウンドスケープを構築するパーカッショニストでもあります。これまでに、Empty Editions、ESP Disk、PAN、Shelter Press といった先鋭的なレーベルから素晴らしいリリースを重ねています。 シルクスクリーン印刷が施された厚手のビニールカバー付き。
試聴用映像
試聴用映像
Tracklist 1-1. Cold Pin 1 13:10 1-2. Cold Pin 2 14:19 1-3. Cold Pin 3 (Ensemble) 25:35 2-1. Catching Net (String Quartet, Piano And Installation) 16:27 2-2. Cold Pin (Installation Recording) 13:19 2-3. Collecting Basin (Shreveport, LA) 10:00

¥2450-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

20′ FOR 2020 – Matiere Memoire presents THE MMXX Series のシリーズ第3弾

20' FOR 2020 - Matiere Memoire presents THE MMXX Series - SERIES 3 (5 Vinyls)

20' FOR 2020 - Matiere Memoire presents THE MMXX Series のシリーズ第3弾。こちらも5枚のヴァイナルで限定リリース。

20' FOR 2020 - Matiere Memoire presents THE MMXX Series のシリーズ第3弾 。Matiere Memoire レーベルの強力な布陣による MMXX シリーズの第3弾です。この2020年を見越して、Matiere Memoire は20人のアーティストにオリジナルの20分間の作品とアートワークの作成を依頼しました。この第3弾では、STEPHEN O’MALLEY、PHILL NIBLOCK、KASSEL JAEGER、MAURO LANZA、HAMPUS LINDWALL の作品がリリースされます。この素晴らしいリリースをお見逃しなく。 CARLOS CASAS、CHARLEMAGNE PALESTINE、PHILL NIBLOCK などの素晴らしい作品を、アート作品のような域のクオリティでリリースする Matiere Memoire レーベルが、2020年の1年間を通じて、各四半期ごとに5つの新しいレコードをシリーズとしてリリースします。各レコードは限定500枚でプレスされ、片面に20分のオリジナルトラック、もう片面にレーザー彫刻が施されたアートワークを特徴とするクリスタルクリア・ヴァイナルとなります。 透明なスリーブに収められ、MMXX ロゴが印刷されたジャケットにそれぞれのアーティストによるアートワークが印刷されています。 5LPのバンドルでの販売となります。

STEPHEN O’MALLEY - ÖST VÄST SOMMAREN

MMXX-11 (Etched Crystal Clear LP) MUSIC & ARTWORK BY STEPHEN O’MALLEY PUBLISHED BY IDEOLOGIC ORGAN MUSIC (SACEM) RECORDED IN OSTERMALM & ORUST,MIXED AT EMS, STOCKHOLM SUMMER 2020 GRAPHICS & LAYOUT BY CEDRIC D'HONDT MASTERING & CUT BY FREDERIC ALSTADT AT ANGSTROM STUDIO BRUSSELS

PHILL NIBLOCK - BROWNER

MMXX-12 (Etched Crystal Clear LP) MUSIC & ARTWORK BY PHILL NIBLOCK THIS PIECE MADE WITH MATERIALS FROM FOUR ARTISTS ARNE DEFORCE, CELLO; DEBORAH WALKER, CELLO; ERIK DRESCHER, FLUTE; DAFNE VICENT SANDOVAL, BASSOON RECORDED IN MARCUS SCHMICKLER’S STUDIO IN KOLN, WITH A BRAUNER MICROPHONE GRAPHICS & LAYOUT BY CEDRIC D'HONDT MASTERING & CUT BY FREDERIC ALSTADT AT ANGSTROM STUDIO BRUSSELS

KASSEL JAEGER - VOL SOMBRE

MMXX-13 (Etched Crystal Clear LP) MUSIC BY KASSEL JAEGER - ARTWORK BY KARBE DINEL MUSIC COMPOSED AND PERFORMED BY FRANÇOIS J. BONNET, 2020. GRAPHICS & LAYOUT BY CEDRIC D'HONDT MASTERING & CUT BY FREDERIC ALSTADT AT ANGSTROM STUDIO BRUSSELS

MAURO LANZA - FULLY AUTOMATED LUXURY COMMUNISM

MMXX-14 (Etched Crystal Clear LP) MUSIC & ARTWORK BY MAURO LANZA THIS PIECE WAS COMMISSIONED BY THE FAMILISTERE DE GUISE WITH THE SUPPORT OF THE DEPARTMENT OF AISNE, THE HAUTS-DE-FRANCE REGION AND THE STATE GRAPHICS & LAYOUT BY CEDRIC D'HONDT MASTERING & CUT BY FREDERIC ALSTADT AT ANGSTROM STUDIO BRUSSELS

HAMPUS LINDWALL - LOST & FOUND

MMXX-15 (Etched Crystal Clear LP) MUSIC & ARTWORK BY HAMPUS LINDWALL SOLO COMPOSITION FOR THE ROLAND TB-303 & BOSS BE-5 COMPOSED, PERFORMED AND RECORDED BY HAMPUS LINDWALL IN BRUSSELS, MAY 2020, MIXED BY TORBJÖRN ZETTERBERG THANKS TO : CORY ARCANGEL, PETER BENISCH, GWEM & MAURO LANZA GRAPHICS & LAYOUT BY CEDRIC D'HONDT MASTERING & CUT BY FREDERIC ALSTADT AT ANGSTROM STUDIO BRUSSELS

¥14890-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

GROUP A の2013年に発表したセカンド・アルバム『Initiation』が B.F.E Records よりヴァイナル・リリース

GROUP A / Initiation (LP)

GROUP A の2013年に発表したセカンド・アルバム『Initiation』が B.F.E Records よりヴァイナル・リリース。

GROUP A の『Initiation』。Tommi Tokyo (vocal、synthesizer、beat) と Sayaka Botanic (violin、keyboard) によるアヴァンギャルド、ノイズ、ヴィジュアルアーツ・ユニット GROUP A の、2013年に自主制作CDrでリリースしたセカンド・アルバム『Initiation』が、B.F.E Records よりヴァイナル・リリース。「儀式」をテーマに制作されたという本作は、80年代のインダストリアル・ノイズをアップデートしたかのごとき、軋む呪術的グルーヴと歪む空間のダークなミニマル・ウェーヴ。カッコ良し。傑作です。 - Vinyl LP - Silver foil on red paper made from recycled fibres and waste from cherries, incl. grey cardboard insert, ltd. to 500 copies Tracklist 1. A's Den 02:43 / 2. INITIATION 03:46 / 3. Paradon 03:49 / 4. MENO BEAT 01:56 / 5. So Am I 04:22 / 6. Yonaki Ishi 04:51 / 7. TRANCE 05:53 / 8. SIOUX 04:06 / 9. Gin Poo 06:14

¥3250-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

BLACK TO COMM によるカセットテープ 作品『A C of M』

BLACK TO COMM / A C of M (Cassette)

BLACK TO COMM によるロックダウン時の状況を不気味に反映したカセットテープ 作品『A C of M』。

BLACK TO COMM の『A C of M』。Type Records、Thrill Jockey、自身が主宰する Digitalis Recordings などからリリースする BLACK TO COMM こと Marc Richter によるカセットテープ 作品『A C of M』。本作は2020年4月と5月のロックダウン時にハンブルグにおいて作りあげられた作品です。自宅で演奏する人たち、カーデモ、通りやスーパーで叫んだり宣誓する人々、それらのサンプルから作りあげた、スケッチやループを自宅や屋外での録音とコンバインし作り上げられた本作品は、今も続く状況を不気味に反映したミュージック・コンクレート作品となっています。 Marc Richter は、映画のサウンドトラックなども手がけ、マイク・ケリーやホー・ツーニェンなどのビジュアルアーティストと協力し、パリの INAGRM やカールスルーエの ZKM などの機関でマルチチャンネルのサウンド・インスタレーションも制作しています。 このレーベル Cellule 75 は、Marc Richter による新たなレーベルで、故リュックフェラーリに敬意を表して名付けられています。 Recorded April/May 2020 in Hamburg in Covid-19 lockdown. Music & artwork by Marc Richter. Mastering by Rashad Becker. Tracklist 1. Cheap Trick 0' 46'' / 2. Starbucks Opera 4' 03'' / 3. Cannibal 3' 23'' / 4. Fanal 5' 31'' / 5. In Scherben 2' 55'' / 6. 39 0' 30'' / 7. Gratis Jazz 2 2' 04'' / 8. Leben am Leben 3' 13'' / 9. Extortionist 2' 02'' / 10. RGB to CMYK 2' 49'' / 11. Verschwinde Deine Jugend 0' 25'' / 12. Tpith Dienstag 1' 54'' / 13. A C of M 1' 13'' / 14. Nomusic Ltd 3' 27'' / 15. Ohne Pferde 2' 05'' / 16. James Last Exit 2' 05'' / 17. Ausfahrt Leben 2' 32'' / 18. Zoom Meeting On A Dissecting Table Of A Sewing Machine And An Umbrella 2' 14''

¥1990-

オンラインショップで在庫確認 / 購入