フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の傑作サード・アルバム『Hotel Nota』が再プレス

ROMEO POIRIER / Hotel Nota (LP clear vinyl)

フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の傑作サード・アルバム『Hotel Nota』がクリアー・ヴァイナルで再プレス。

ROMEO POIRIER の『Hotel Nota』。2016年に「Plage Arriere」でデビューし高い評価を得た、フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の2020年の夏にリリースされ入手困難となっていた3作目となるアルバムが、クリアー・ヴァイナル仕様でリプレス。Jon Hassell、Andrew Pekler、Biosphere のファンにもお勧めの傑作です。 Enchanting, ambient-impressionist postcard depictions of the good life from composer/collagist Romeo Poirier, debuting on Manchester’s sferic with a round-trip to Venusian beaches and back. A must check for fans of Jon Hassell or Andrew Pekler’s phantom sound islands and Mike Cooper’s Pacific sojourns Working in the creme-concrete and frothy exotica style that made his ‘Plage Arriere’ a cult hit in 2016 (and on vinyl in 2019), Brussels-based Romeo Poirier conjures gauzily impressionistic beach scenes and heady sunny day feels from a fine mix of granular processing and bleached-out Balearic tropes in the dilapidated but deeply charming environs of ‘Hotel Nova’. Armed with a suitcase of floral shirts, trunks, paperbacks and a laptop, he checks into a lounging, relaxed and modestly lush sound that appears to shift and shimmer with the iridescent aftereffects of a micro-dosed daiquiri or the warm, turquoise waters by his feet. Taking up residency in an imagined, hauntological lounge space where Jon Hassell and Andrew Pekler could have once seduced each evening’s guests, Poirier applies his filigree sampling and rearrangement techniques with rarified, ephemeral effect to float from smeared Hassellian brass in ‘Thalassocratie’ to smoky, ember crackle jazz in ‘Le bematiste’, and frayed loops in ‘Du Rocher’ redolent of Biosphere’s ‘Dropsonde’, with half-recognisable motifs that thread through and tie the record together like tropical spider webs. Along the fine line or flux between stylistic cliche and organic truths, Romeo Poirier uses tactfully textured electronics and timeless dubbing to realise an electronic simulacra of a world which becomes real through its eccentricities and cohesive integration of sounds. Trust there’s no mosquito bites or sunburn here, but you may not be able to escape the feeling you’ve been on holiday after immersing in Poirier’s careful world building. Tracklist 1. Thalassocratie 2. Longe-côte / 3. Trace palmaire 4. Le bematiste 5. Sablage / 6. Hotel Nota / 7. Penombre / 8. Du rocher / 9. Ekphrasis / 10. Raccordement 11. Balayage

¥3780-

オンラインショップで在庫確認 / 購入

フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の傑作デビュー・アルバム『Plage Arriere』が待望の再プレス

ROMEO POIRIER / Plage Arriere (LP)

フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の傑作デビュー・アルバム『Plage Arriere』が待望の再プレス。

ROMEO POIRIER の『Plage Arriere』。フランスのアンビエント作家 ROMEO POIRIER の長らく入手困難だったデビュー作にして傑作アルバム『Plage Arriere』が待望の再プレスです。Robert Lippok をはじめ多くの人から高い評価を受けたアルバムがようやく再プレスです。元々は2016年にカセットテープでリリースされ、その後2019年に一度ヴァイナル・リリースされています。 3つの島にまたがるギリシャのビーチに触発され作り上げた、星降る夜の深海のようなサウンドスケープを漂わせたアンビエント・コラージュ。トランペット、エコークリック、ハロルドバッド風の閃くピアノ、それらが揺らめくシーグラスのように立体的な音の広がりを得て再構築されています。Jan Jelinek、To Rococo Rot のファンはお聴き逃しなく。 シーフォームグリーンのカラーヴァイナル仕様。こちらも既に再入荷困難となっています。 Tracklist 1. Prioni 03:18 / 2. Apella 05:16 / 3. Atsipades 03:59 / 4. Firiplaka 02:57 / 5. Avlaki 03:18 / 6. Kyra Panagia 04:17 / 7. Alogomandra 03:38 / 8. Sarakiniko 04:51

¥0-

オンラインショップで在庫確認 / 購入