Anla Courtis Live

Anla Courtis Live

2018.3.4 sun
at STORE15NOV
Open 18:35 / Start 18:45
1,000yen
Anla Courtis (from Argentina)
Mark Sadgrove
白丸たくト | Shiromaru Takuto
菊地良博 | Yoshihiro Kikuchi

アンラ・コーティス Anla Courtis

本名 Alan Courtis。1972年ブエノスアイレス生まれ。

サウンド・アート、エレクトロ・アコースティック・ミュージック、ドローン、ノイズ、即興演奏、作曲など、実験音楽すべての領域で精力的に活動している。ドラマー兼ヴォーカリストにダウン症の青年を擁し活動した伝説のローファイ・サイケデリック・ノイズバンド、REYNOLSのメンバー。全大陸を横断する精力的なツアーのほか、作曲作品はイギリス、タイ、ウェールズ、オランダ、メキシコ、カナダ、アメリカ、スペイン、南アフリカの楽団によって演奏されている。ソロやコラボレーション*での音源リリースは200タイトルを超える。今回は3年ぶりの仙台公演になり、4年ぶりのソロ演奏を予定。

白丸たくト Shiromaru Takuto

1992年生まれ。兵庫県出身。2014年に自主レーベル”TRIP CHILDS RECORDINGS”を設立と共に活動開始、現在までにカセットテープ3本、CDR1枚をリリース。「2015年にLOS APSON?がビビビっ!ときた作品の年間50選チャート!!!!!!!!!!!!!!!」で初期ローファイ作品2本が40位に選出される。2016年より関西から山形に拠点を移し、数々のライブ企画の立ち上げや山形藝術界隈展への参加など、活動の幅を広げてゆく。また同年、詩人の詩に曲を付けるというスタイルで弾き語りを開始。2018年初の弾き語りアルバム「つぶらなりけりかのひとみ」をリリース。現在は茨城県水戸市を拠点に活動中。あらゆる環境に身を置きながら、アートと音楽、言葉とノイズ、生活と創造のボーダーをゆるやかに越えうる表現を日々追求している。

マーク・サッドグローブ Mark Sadgrove 

1978年ニュージーランド・オークランド生まれ。2000年代前半、オークランドの“風変わりな”音楽シーンで活動後、2006年日本に拠点を移す。以降は自作楽器でのソロ演奏や、バンドGreymouth、The Mysteries of Loveのメンバーとしての活動に注力している。これらのプロジェクトはQuemada、Albert’s Basement、Emerald Cocoonといったレーベルからリリースされている。また自身のレーベル“abd”から7インチレコードやlathe-cutをリリースしている。

菊地良博 Yoshihiro Kikuchi

美術家/実験音楽家

ソロではコンピュータによるアブストラクトな電子音響を、コンポーザーDaniel VujanicとのGraves And Orchestra Pitsではドゥーム/ブラックメタルをモチーフにしたエクレクティックなポストロックを制作し、その2つを主軸としつつ、Bryan Lewis Saunders, Anla Courtis, Sebastien Borgo, Vomir/Roro Perrotなど、世界中の先鋭的なアーティストとの共作を行っている。 Anla Courtisとは2010年から交流を続け、2018年には共作アルバムがオーストラリアのレーベルCipher Productionsよりリリースされる。 美術家としては、数々の個展の他、国内外でのグループ展、アートフェアへの出品を多数行っている。yoshihirokikuchi.org

主催・企画 - Yoshihiro kikuchi

Homemade vol.3

フライヤーデザイン: Eunice Luk

 

Homemade vol.3

ストア・ジューゴノヴ店内で行われる小さなイベント『Homemade』の第3回目。

会場: STORE 15NOV
日時: 2016年12月17日(土)  開場: 19 :00 / 開演: 19:15
入場料: 1,000yen

出演:
白丸たくト(山形)
Coupie
Masahiro Takahashi

白丸たくト
2014年2月、1stカセットアルバム「F.O.U!」を自主レーベル “TRIP CHILDS RECORDINGS” からリリースすると共に活動開始。現在までにカセットテープ3本、CDRを1枚をリリース。ライブではオオルタイチ+ウタモ、マイカルブテ、PIKA☆、Buffalo Daughter との共演を果たしている。2016年より拠点を関西から山形に移し、現在は山形市中心市街地にあるシェアアパート「ミサワクラス」にてオルタナティヴスペース “TRIP CHILDS LIVINGROOM” を運営中。また「山形ビエンナーレ2016」では画家・絵本作家ミロコマチコの展示【あっちの目、こっちの目】にて会場の音楽を担当する。

Coupie
2008年 仙台在住の cobi と石巻在住の yukki により結成。楽器はアコースティック、ガットギターを中心に、小物楽器やエフェクトを使いその場に漂う空気を音に変換させ展開していく独自の手法で演奏する。着飾らない自然体で空間とも会話するように音を紡ぎ独自の音を展開している。2009年に涼音堂茶舗より1st album 『La Melodioj dela Orientonordo~東北からの旋律』をリリース。yukki が2011年3月11日に発生した東日本大震災で津波被災。生活の再建から地域文化の復興、支援活動を優先し一時ライブ活動を休止し、2015年に活動再開。 電子音楽のイベントや舞踏の演出内での演奏など、東北の文化土壌を礎に様々な方面での活動をしている。

Masahiro Takahashi
バンクーバー Kingfisher bluez より『Before Gender,Language, and Definition(7″)』、モントリオール Jeunesse Cosmique より『Retreat(CD)』リリース。2016年原宿 “Vacant” での Eunice Luk 個展「でんでん虫の殻の中」へ音楽提供。

 
 
オーガナイズ : UHIRA UHIRA

伊藤トオル写真展「ナミトツブ」

STORE15NOV 二十周年企画

伊藤トオル写真展
『ナミトツブ』complementarity

2016.1.15 fri – 1.31 sun  13:00 – 19:00  無料

トークイベント  1.23 sat  19:00 open  入場無料
伊藤トオル (写真家) + 伊藤文恵 (舞踏家)

 

伊藤トオル写真展

伊藤トオル
1963年生まれ。23歳の時にコマーシャルスタジオに勤務、樋口徹氏に師事する。1987年からフリーランス。1995年初の写真集 「KUMANO」出版。その年に出版された写真集の優れた10冊に選ばれる。1997年写真作家の登竜門とされる「写真新世紀展」にて優秀賞(森山大道選)、翌年年間特別賞受賞する。2000年宮城県芸術選奨新人賞受賞。2001年に仙台の街を1万枚の写真で記録するプロジェクト「仙台コレクション」を立ち上げ代表を務める。「仙台コレクション」は現在 世界約150カ国を巡回する写真展(国際交流基金企画)に参加している。2004年写真集「夏芙蓉 okinawa2003」、2014年フォトブック「舞踏家伊藤文恵」(詩、秋亜綺羅・あきは書館)出版。 現在まで写真集3冊、共著4冊刊行。写真個展、グループ展多数。

 

主催・企画 / STORE15NOV